スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WBC強化試合 巨人vs韓国代表 

巨人 巨人 3 - 0  韓国
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃計┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃巨┃2 ┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃3 ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃韓┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[巨]福田、野間口、豊田、藤田、西村 ― 実松、鶴岡
[韓]尹錫ミン、黄斗聖、林昌勇、李承浩、李在雨、鄭大ヒョン、張ウォン三、呉昇桓 ― 姜ミン鎬、朴勍完
[本]ラミレス1号(尹錫ミン・3回)(巨)


勝っちゃったwww
韓国代表に勝っちゃったwwwすげぇ嬉しいwww
日本のアジアラウンドを含めWBCにてもっとも警戒すべき相手の韓国代表に巨人が勝った!
本当に驚き。勝利の瞬間に大きくガッツポーズをしてしまったw

日本代表
今日はWBC組も観戦っていうか偵察に来てたみたい。前も来てたようだけどあんまり見てなかったので分からなかった。特に今日は韓国戦ともあってたくさんの選手が来たみたいですね。
内海とぐっさんがいるよー


ラミレスホームラン、スンヨプ母国代表から2点タイムリーツーベース!
今日、注目されてたのはスンヨプ。母国の韓国代表の招聘を辞退してシーズンを優先したスンヨプ。
その韓国代表とスンヨプがマッチ対決!なんかすごいですねw

こういう試合はスンヨプ打つだろうなぁ・・・と思ってたら予想的中!
初回の2死二三塁のチャンスの場面でセンターを越えるフェンス直撃の2点タイムリーツーベースを放った!

いやぁ、いくらスンヨプが衰えてしまったとはいえ日本代表からせれば韓国代表にスンヨプがいなくてよかったなぁ、と思うw
北京でもシーズン絶不調だったスンヨプに痛い一発を浴びちゃったしね。


やっぱりラミちゃんはすごい!3回に左中間に突き刺さる打った瞬間に分かるホームラン!
今年もラミちゃんに助けられそうだ!頼りにしてるぜ・・・

ラミレス、スンヨプ


中井2安打、大二郎3安打の猛打賞!
中井は4打席2安打の大当たり。1打席目にようやくヒットが出て吹っ切れたんだろうね。続く2打席目もレフト前ヒット。
ラミちゃんからの指導の成果かな?ラミちゃん様様ですねw → 参照(スポーツ報知)
将来打撃コーチとして雇いたいですw

その中井の活躍を上回る活躍したのが3年目の田中大二郎!
なんと4打数3安打の猛打賞の活躍!
同期の坂本が去年頑張ったもんね、負けずに頑張ってますね。

おそらく今日は原監督もWBCの韓国戦のための偵察に来てただろうからすごくいいアピールが出来たんじゃないんでしょうか?
開幕一軍あるで!


福田、野間口共に3回を投げ無失点のナイスピッチング!
こんなこと言ったら失礼かもしれないけどまさかまさかこの二人が0点に抑えるとは・・・( ゚Д゚ )
今年は期待しちゃってもいいの?w(これ毎年言ってるような気がする・・・w)

まあ期待してるけど本当に頑張ってほしいわ、二人とも。

福田の投球に関しては相手の韓国打線がボール球を振ってくれたのもあるけど荒れ球がいい感じに決まってたからよかった。中にはすごくノビとキレが抜群のストレートもあった。

野間口はあれよあれよしている間にぴしゃりと抑えてしまったね。ブログやってるし今日の試合のコメントが楽しみですね♪

福田、野間口


これで全部の強化試合は終わり。中国、台湾、韓国に全部勝利。
なかなかいいんじゃないんでしょうか?w 今年の巨人。

ついに明後日からWBC開幕!日本の誇りをかけて頑張ってきてほしいですね。
日本は王者であり挑戦者だ!



[ 2009/03/03 22:37 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

WBC強化試合 巨人vs台湾代表 

巨人 巨人 7 - 6 台湾 台湾
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃計┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃巨┃0 ┃2 ┃0 ┃0 ┃1 ┃0 ┃3 ┃1 ┃0 ┃7 ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃台┃0 ┃0 ┃0 ┃2 ┃0 ┃3 ┃0 ┃0 ┃1 ┃6 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[巨]グライシンガー、ロメロ、久保、古川、クルーン、オビスポ ― 加藤
[台]李振昌、倪福徳、羅嘉仁、鄭鴻、増菘ウェイ、林克謙 ― 高志綱
[本]林益全1号(ロメロ・6回)(台)

試合はほとんど見ていませんでしたがなんとか勝ったみたいですね。
俺が見たところでは2-0でした。
まさかこんなにハイスコアになっていたなんて思ってもいませんでしたw

打ってはラミちゃんが3打数3安打の大活躍♪
今年も期待できそうですね、よろしくお願いします。

投げてはグライシンガーが3回を45球、無安打無失点と完璧なピッチング♪
精密機械のようなコントロール・直球は最速143キロだったが変化球を低めに集めて付け入るスキを与えなかった。
まだ気が早いけど3年連続最多勝を!

クルーンも1回を無安打無失点2奪三振に抑えるピッチング♪
ストレートも154キロ出たらしいし仕上がり早いですね。


それと久保・・・3失点と炎上したけどちゃっかり勝ち投手・・・




巨人、ロッテ若手混成「シリウス」輝け…2軍&育成選手、社会人と24試合
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090303-OHT1T00067.htm

 巨人とロッテは2日、若手選手の混成チーム「シリウス~Sirius」を結成することを発表した。2軍選手や育成選手の試合出場機会を増やすのが目的で、育成選手を多く抱える両球団の思惑が一致した。試合の名称は「シリウスGAME」。日本野球連盟所属の社会人チームと年間24試合を行う。

 都内のホテルで会見した巨人の清武球団代表は「輝く星となるようにシリウスと付けた。巨人の山口投手が育成選手からWBC日本代表に入ったように、シリウスを通してジャパンドリームをつかみ取ってほしい」とあいさつ。大経大から育成3位で巨人に入団した山本は「チャンスを生かして、少しでも早く支配下選手になれるように頑張ります」と意気込んだ。

 31日にロッテ浦和球場で第1戦を行い、9月22日まで同球場とG球場で12試合ずつ開催する。対戦相手はNOMOベースボールクラブなどが予定されている。


シリウス

実質3軍か。これはいい試みだね。



[ 2009/03/03 09:11 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

WBC強化試合 日本代表vs巨人 

日本代表  2 - 1 巨人 巨人
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃10┃計┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃巨┃1 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃1 ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃日┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃1 ┃2 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[巨]高橋尚、バーンサイド、木佐貫、M・中村、歌藤、木村正、オビスポ ― 加藤、鶴岡
[日]杉内、松坂、渡辺、岩田、涌井、藤川、山口 ― 城島
[本]アルフォンゾ1号(杉内・1回)(巨)

今日の試合は巨人ファンのためにあったような試合ですねw
結果はサヨナラ負けでしたが巨人側としては内容の濃い試合だったと思います。
日本代表相手によくぞここまでやったって感じですね。

さすがに東京ドームでの巨人戦だけあって巨人ファンもたくさん来ていましたね。ただいつもと違うのは巨人の応援席がレフトになったこと。いつもはライトからだからなんか不思議な気分。
ただ日本代表戦で応援歌歌ったりチャンステーマ弾いたりはやめてほしかった^^;

日本代表を応援しないといけないんだけど今日の試合は巨人のほうを注目して応援したね。

今日出場している巨人の若手選手も絶好のアピールできる機会。なんとしても結果残してほしいですね。

イチロー、王

巨人側視点

大二郎:8回に2死一二塁でから代打で出場。涌井からセンター前ヒット打つ。二塁ランナーの小田嶋は本塁にてタッチアウト。
小田嶋足遅い・・・前の練習試合でも同じような場面があったな。

小田嶋

寺内:ショートで出場。2回にレフト前ヒット。

坂本は代打で出場。代打で出た瞬間スタンドから大歓声。しかし呆気なく三振・・・

松本:10回裏にイチローの当たりを好守

アルフォンゾ、杉内からホームラン
ホームラン打ったときは見てなかったけどあとでリプレイで見れた。
左の杉内からレフトスタンドへホームランか、いいですね。

 アルフォンゾが一回、杉内から左越えに先制ソロを運んだ。内角寄りに来た高めの直球をコンパクトなスイングでとらえ「腕をたたんで自然に反応できた」と手応えを口にした。

アルフォンゾ

 五回には松坂の甘い直球を逃さず、中前にはじき返す確実性も披露した。しかし、米大リーグ通算1532安打のアルフォンゾは本調子ととらえておらず「シーズン開幕に照準を合わせている。あくまでも今は準備期間だ」と涼しい顔で話した。(サンスポ)


今日のイチローと松本の好守
今日は従来の3番から1番に打順変更。
5打数無安打。日本代表を応援する身としてはイチローの復活は願うばかりなんだけど今日は事情が違う。
巨人の投手よ、イチローを打ち取ってくれ!
ただそれだけでした。
もちろんね、何回も言うけどイチローに打ってもらいたいと思ってるよ、でも今日ばかりはね。

イチロー

1打席目は遊ゴロ(尚成)、2打席目は左飛(尚成)、3打席目は遊ゴロ(バーンサイド)、4打席目は投ゴロ(木佐貫)、5打席目は中直(歌藤)

注目すべきは5打席目の中直。中直っていうのはセンターライナー。センターを守ってたのは松本。
ここで松本がウルトラファインプレーを見せる。
歌藤が投げた球をイチローがセンター前に落ちようかという当たりをセンターの松本がダイビングキャッチ!今日一番東京ドームの観衆が沸いた瞬間じゃないでしょうか?
打った瞬間は「ああ、打たれちゃったかぁ」って思ったけど、松本の動きを見ると「もしかしたら」と思ったけどまさか捕るとはねw
これはすごいアピールになりましたね☆

WBC日本代表の巨人勢
山口は昨日に続けて連投、10回表を投げ三者凡退に打ち取る。
山口vs坂本という夢の勝負も・・・
結果は山口が勝ったけどこんな勝負はなかなか見れませんね。まさに巨人ファンのためにあったような勝負ですね。

小笠原が打席に立つとき球場から大歓声。やっぱりホーム球場の東京ドームっていいですね。
チーム初ヒットとなるセンター前ヒットを放ったしやっぱりガッツはすごいですね。

阿部は10回裏に代打で出場。結果は後述。


10回裏
1-1のまま延長戦に突入。規定により試合終了直前の10回裏。
マウンドには歌藤、先頭打者ははイチロー。イチローのことに関しては↑を。

続く岩村に死球、青木はバントで2死二塁。
ここで巨人は投手交代でマウンドには木村正。
中島の打席の時に暴投で2死三塁、結局中島には敬遠。
続く稲葉にも四球で2死満塁。
ただ投げても投げてもストライクゾーンにボールが入らない・・・1球もストライクボールが入らずに降板・・・
まあ初めてこの大観衆で、しかも日本代表相手に投げたんだから緊張はするよね・・・にしても酷かった。
この悔しさを経験を後に生かしてほしいね。

木村正のあとにマウンドに上がったのはオビスポ。
聞いた瞬間に嫌な悪寒がしたんだよ・・・まさか本当に起こってしまうとはね・・・

対する打者は阿部、初球ストライクのときはこれは勝負になるとは思ったんだけど直後に暴投。まああれはパスボールって言ったほうがいいのかな?
捕手の加藤が捕らなきゃいけない球だった。

結局サヨナラ暴投でなんかグダグダな終わり方でしたが試合全体を見れば巨人側としては収穫が多かった試合と言えますね。
日本代表側としてはこの接戦を戦えたことが収穫だと思いますね。



[ 2009/03/02 00:26 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

WBC強化試合2戦目 日本vsオーストラリア 

日本  11 - 2 オーストラリア 豪州
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃計┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃日┃0 ┃0 ┃2 ┃5 ┃0 ┃2 ┃0 ┃2 ┃0 ┃11┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃豪┃0 ┃2 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃2 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[日]松坂、杉内、内海、渡辺、山口、涌井、藤川 ― 阿部、石原
[豪]モス、ブラッシングトン、ケリー、スピアー、キャシディ、ティムズ ― カールセン、ハウス

<投手>

松坂

松坂:不安要素たっぷり。でも松坂のことだから本番までには修正してやってくれるだろう。心配なのはやっぱり球数制限があることですね。松坂は球数を多く投げるタイプなので調子が悪いと平気で3回70球とかがある。1イニングでも長く投げてほしいからそこらへんが心配。

杉内:今日のヒーロー杉内。松坂降板のあとリリーフで登板。持ち味のストレートをアウトローいっぱいにズバッと決めて三振を取るピッチング。

内海:1回1/3で4人の打者に投げ、なんと9球でパーフェクトに抑えた。WBCのように球数制限があるような試合の場合には松坂のような三振をとるようなピッチャーじゃなくて内海のように打たせて取るピッチャーのほうが重宝するのかもしれない。
完璧でした。あっという間に3アウトでもうちょっと見たかった感じ

渡辺:やはり向こうチームはアンダースローでの投球を見ることはほとんどないのでさすがに戸惑っていたね。京セラドームの観衆も投球練習のときから「おおおおおお」って歓声を上げてたし。
ピッチング内容も申し分ない。

山口:1回を投げて内海と同様に打たせて取るピッチングで1回をパーフェクトに!去年のシーズンと同じように打者を打ち取ってくれたね。
内海、山口の巨人勢がいいピッチングするとファンとしても嬉しい。

涌井:ストレートは走っていたしコースにズバッとストレートが行っていて凄いいい感じでした。

藤川:抑えなので3人でキッチリ抑えてもらいたいところだが先頭打者に四球。大分得点差があったからこそキッチリ抑えてほしかったんだがな。これがもしも1点差とかだったらちょっと怖いね。
幸い相手打者もボール球を振ってくれて助かったし。まあストレートは相変わらず伸びてたから良し。

内海、山口

<野手>

なんていうか今日はオーストラリア側がエラーしすぎでグダグダな試合展開だった。エラー全部は6つだっけ?平凡なフライも落球、正面のゴロをトンネル。投内連係もダメダメ。
そんでごくたまにファインプレーしたりするしよく分からないチームだった。普通の当たりを普通に取ってくれないと強化試合にならないwww

今日も11得点と打線が大当たりし快勝。中でも一番当たってたのが昨日に引き続き稲葉ですね。
今日は猛打賞!もう止まりませんね。
稲葉に関しては打ちすぎて本番にとっておいてほしいかと思うくらいの好調ぶり。チャンスに稲葉に回れば絶対にランナーを返してくれると思えるぐらいだったし。
大分4番が板についてきたね。
4番打者がこれだけ打ってくれるとチームにも活気が出てくるね。シーズン中もそうだけど。

今日は先発マスクが阿部が被り、城島はDH。

今日は小笠原はベンチスタート。昨日はフルに出たからね、代わりに内川が先発出場。
代打で出てきて初球をセンターよりの右中間にツーベースヒット。さすが小笠原だ!
代打で小笠原がコールされたときも場内から歓声が沸いてたし最高ですね。

心配なのが青木。3塁へスライディングの際に中継からの送球が肘にもろ直撃。その送球の距離も短距離だったのでさらに痛みは大きい・・・怪我だけはやめてくれよ・・・

怪我といったら亀井もね。なんか首を痛めて今日は大事を取って休んだらしい。今度からの試合は出れるらしいけど何やってんだよ・・・って感じ。
青木がそういう時こそ亀井が出場する機会なのにこういう大事なときに限って欠場はねぇーだろ。

まあ両者とも大事に至らなかったからよかったね。
青木はもちろん亀井も大事な日本の戦力だしね。

イチローはクリーンヒットこそなかったけど打つところでは確実に打ってくれるね。持ち味の足を生かして相手の守備のミスを誘って得点なんてこともあったしね。

                                     ピカーン
イチロー


まあ今日はみんな当たっててよかったよ。オーストラリアが弱いのもあるけど弱いチームに確実に勝てるっていうのが強いチームである証拠だしね。

俺はJSPORTSで見てたからいいけど地上波ではまた今日も録画放送だったね。しかも途中で中継終了だし。
途中からでもいいから生放送で流せって感じですね。おかげで中継内で内海、山口のピッチングが見ることが出来なかったらしいし。


風神の山口がWBC強化試合で活躍した。
一方その頃雷神は・・・

越智

相方の風神がいなくても頑張っています。
右肘に張りを訴え紅白戦の当番を回避するもブルペンで63球の投げ込み。
順調ですね。

怪我だけはマジ勘弁



[ 2009/02/25 22:15 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

WBC強化試合 日本vsオーストラリア 

京セラドームにてオーストラリアオーストラリアと強化試合。球場は満員。

京セラ

日本  8 - 2 オーストラリア 豪州
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃R ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃豪┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃日┃0 ┃2 ┃1 ┃1 ┃3 ┃0 ┃1 ┃0 ┃×┃8 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[豪]●コックス、クロフォード、アンダーソン、ランドグレン - カールセン、ハウス
[日]ダルビッシュ、○岩隈、岩田、小松、田中、馬原 - 城島、石原

<投手>

ダルビッシュ、岩隈

ダルビッシュ:調子悪かったっぽいね。2回、3つの四死球で2死満塁のピンチを作って不運な内野安打で1点取られイニング途中で降板。
本番では球数正弦が常に気にしないといけないから球がすっぽ抜けたりして無駄球の出しすぎ。第1ラウンドは70球?ぐらいだったからこの調子だと3回も持たないよ。
球速は153キロとか出ててよかったけど。

岩隈:ダルビッシュの後に登板。2死満塁だったけど打者を三振に打ち取る。この後のイニングも打ち取っていった。今日一番いいピッチングした投手ですね。

岩田:ヒットを1本打たれるも次の打者併殺に打ち取り持ち味のピッチングが出来た感じ。

小松:大きく曲がるカーブがよかった。

田中:長打を打たれるも後続を打ち取りまずまずのピッチング

馬原:抑えの登板。ヒットを打たれるも最後はキッチリ打ち取った。

<野手>
3打数1安打0打点 青木   右安   中飛   三ゴ
1打数1安打2打点 内川                         中安(1). 中犠(1)
5打数0安打0打点 中島   遊併   三振   三振   左飛   遊ゴ
4打数1安打0打点 イチロー  投ゴ   二安   遊ゴ   二ゴ
1打数0安打0打点 亀井                                 三ゴ
2打数2安打0打点 稲葉   左二   右安   
2打数1安打0打点 阿部                  左中二 捕邪   四球
3打数1安打2打点 村田   遊ゴ   投ゴ(1). 左安(1)
2打数0安打0打点 川崎                         三振   二ゴ
3打数1安打0打点 小笠原 四球   左飛   右安   四球   三振
2打数0安打1打点 福留   一失   四球   中犠(1). 右失
3打数2安打0打点 城島   四球   右安   遊失   右安
0打数0安打0打点 石原
0打数0安打2打点 岩村   左犠(1). 左犠(1).
1打数0安打0打点 片岡                  四球   右飛

打者全体に次の打者に繋ごうと自己犠牲してまでも何としても塁に出よう・ランナーを進めよう・ランナーを返そうとする姿勢がよかったね。
四球が多いのもその証拠。特に小笠原はよく粘って四球を選んだりしていた。
とにかく今日は犠牲フライによる得点が多かった。ちゃんとチーム全体が繋ぎに徹してるという証拠ですね。

ほとんど毎回得点をあげたし切れ目のない打線棚と思った。どこからも繋いで点を取ることのできる、これほどすごい打線はない。
一気に大量得点もいいけど1点ずつコツコツ取っていったほうが相手に対するダメージは大きいだろう。

今日も4番稲葉は大当たり。2打数2安打で見事日本代表チームの方針と同じ「繋ぎ」のバッティングをした。もともと繋ぐ4番として稲葉が4番に抜擢されたわけですからね。

稲葉、岩村

そして今日の岩村。2打席とも犠牲フライ。両方ともレフトへの逆方向へのフライで2打席目の犠牲フライを打った瞬間はVTRでも見ているかのよう1打席目の犠牲フライと似ていた。
ヒットはいらない、ランナーを何としても返すって気持ちがより強く出ていたような感じでしたね。

先発マスクを被った城島も2打数2安打1四球1失策で全4打席とも出塁。頼りになりますね。
その城島にも負けてられない阿部は代打で出場。1打席目見事に阿部の持ち味である変態的なバッティングで左中間を破る二塁打。今日は2打数1安打1四球。

阿部

小笠原はとにかくよく粘っていた。追い込まれた後でも執拗にカットしたりして何としてでも塁に出るんだという気持ちの強さを感じだ。
結果2四球というのもその証拠だろう。粘りってすごく大切ですね。ヒットも1本打ったし打撃面も言うことないだろう。
最終打席では観客から手拍子による応援もあった。

小笠原

気になるのはイチロー。まあイチローのことだから心配する必要はないんだけど巨人との練習試合を含めてまったく快音が聞かれない。内野安打こそあったけどクリーンヒットがない。
まっ、イチローだから本番になるとバンバン打ち出すと思うけどね(笑)

イチロー

ちなみに亀井もイチローと守備交替で途中出場。今日はライト、センターを守った。
打撃では1打席立つも当てただけのバッティングでサードゴロ。ちゃんとスイングしてほしかったけど、さすがに緊張しているのかな(笑)



まとめとして今日はチーム全体よくやったと思いますね。
明日も試合あるので見逃せませんね。




[ 2009/02/24 23:01 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。