スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WBC強化試合 日本vsオーストラリア 

京セラドームにてオーストラリアオーストラリアと強化試合。球場は満員。

京セラ

日本  8 - 2 オーストラリア 豪州
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃R ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃豪┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃日┃0 ┃2 ┃1 ┃1 ┃3 ┃0 ┃1 ┃0 ┃×┃8 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[豪]●コックス、クロフォード、アンダーソン、ランドグレン - カールセン、ハウス
[日]ダルビッシュ、○岩隈、岩田、小松、田中、馬原 - 城島、石原

<投手>

ダルビッシュ、岩隈

ダルビッシュ:調子悪かったっぽいね。2回、3つの四死球で2死満塁のピンチを作って不運な内野安打で1点取られイニング途中で降板。
本番では球数正弦が常に気にしないといけないから球がすっぽ抜けたりして無駄球の出しすぎ。第1ラウンドは70球?ぐらいだったからこの調子だと3回も持たないよ。
球速は153キロとか出ててよかったけど。

岩隈:ダルビッシュの後に登板。2死満塁だったけど打者を三振に打ち取る。この後のイニングも打ち取っていった。今日一番いいピッチングした投手ですね。

岩田:ヒットを1本打たれるも次の打者併殺に打ち取り持ち味のピッチングが出来た感じ。

小松:大きく曲がるカーブがよかった。

田中:長打を打たれるも後続を打ち取りまずまずのピッチング

馬原:抑えの登板。ヒットを打たれるも最後はキッチリ打ち取った。

<野手>
3打数1安打0打点 青木   右安   中飛   三ゴ
1打数1安打2打点 内川                         中安(1). 中犠(1)
5打数0安打0打点 中島   遊併   三振   三振   左飛   遊ゴ
4打数1安打0打点 イチロー  投ゴ   二安   遊ゴ   二ゴ
1打数0安打0打点 亀井                                 三ゴ
2打数2安打0打点 稲葉   左二   右安   
2打数1安打0打点 阿部                  左中二 捕邪   四球
3打数1安打2打点 村田   遊ゴ   投ゴ(1). 左安(1)
2打数0安打0打点 川崎                         三振   二ゴ
3打数1安打0打点 小笠原 四球   左飛   右安   四球   三振
2打数0安打1打点 福留   一失   四球   中犠(1). 右失
3打数2安打0打点 城島   四球   右安   遊失   右安
0打数0安打0打点 石原
0打数0安打2打点 岩村   左犠(1). 左犠(1).
1打数0安打0打点 片岡                  四球   右飛

打者全体に次の打者に繋ごうと自己犠牲してまでも何としても塁に出よう・ランナーを進めよう・ランナーを返そうとする姿勢がよかったね。
四球が多いのもその証拠。特に小笠原はよく粘って四球を選んだりしていた。
とにかく今日は犠牲フライによる得点が多かった。ちゃんとチーム全体が繋ぎに徹してるという証拠ですね。

ほとんど毎回得点をあげたし切れ目のない打線棚と思った。どこからも繋いで点を取ることのできる、これほどすごい打線はない。
一気に大量得点もいいけど1点ずつコツコツ取っていったほうが相手に対するダメージは大きいだろう。

今日も4番稲葉は大当たり。2打数2安打で見事日本代表チームの方針と同じ「繋ぎ」のバッティングをした。もともと繋ぐ4番として稲葉が4番に抜擢されたわけですからね。

稲葉、岩村

そして今日の岩村。2打席とも犠牲フライ。両方ともレフトへの逆方向へのフライで2打席目の犠牲フライを打った瞬間はVTRでも見ているかのよう1打席目の犠牲フライと似ていた。
ヒットはいらない、ランナーを何としても返すって気持ちがより強く出ていたような感じでしたね。

先発マスクを被った城島も2打数2安打1四球1失策で全4打席とも出塁。頼りになりますね。
その城島にも負けてられない阿部は代打で出場。1打席目見事に阿部の持ち味である変態的なバッティングで左中間を破る二塁打。今日は2打数1安打1四球。

阿部

小笠原はとにかくよく粘っていた。追い込まれた後でも執拗にカットしたりして何としてでも塁に出るんだという気持ちの強さを感じだ。
結果2四球というのもその証拠だろう。粘りってすごく大切ですね。ヒットも1本打ったし打撃面も言うことないだろう。
最終打席では観客から手拍子による応援もあった。

小笠原

気になるのはイチロー。まあイチローのことだから心配する必要はないんだけど巨人との練習試合を含めてまったく快音が聞かれない。内野安打こそあったけどクリーンヒットがない。
まっ、イチローだから本番になるとバンバン打ち出すと思うけどね(笑)

イチロー

ちなみに亀井もイチローと守備交替で途中出場。今日はライト、センターを守った。
打撃では1打席立つも当てただけのバッティングでサードゴロ。ちゃんとスイングしてほしかったけど、さすがに緊張しているのかな(笑)



まとめとして今日はチーム全体よくやったと思いますね。
明日も試合あるので見逃せませんね。




スポンサーサイト
[ 2009/02/24 23:01 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogoorangespirit.blog87.fc2.com/tb.php/216-e253ebfb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。