スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

育成枠ってなんて素晴らしい、背番号三桁のルーキー達が大活躍 

昨日の紅白戦でルーキーの育成枠コンビが揃って大活躍。

二人とも去年のドラフトで育成選手として入ってきた選手。
その二人が揃って紅白戦で大活躍。
山本はプロ初打席で満塁ホームランを含む2打数2安打4打点、福元は5回2死一、二塁で右中間を破る三塁打を含む3打数1安打2打点。

[維新の若武者 大田だけじゃない](12)山本、プロ“初打席”で満塁弾
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090215-OHT1T00004.htm

 プロ初打席でド派手なデビューを果たした。紅白戦の白組「8番・左翼」で先発。いきなり好機が巡ってきた。2回、1点を先制し、なおも無死満塁。辻内の甘く入った141キロ直球を迷いなく振り抜いた。「何も考えずに直球だけ狙っていました」きれいな放物線を描いた打球は左中間の防球ネット中段に突き刺さった。記念すべき“プロ1号”がグランドスラム。自分でも信じられなかった。

 3回の第2打席は四球、5回には右中間を深々と破る二塁打を放った。2打数2安打4打点に「出来すぎです」と照れ笑いを浮かべた。視察した岡崎2軍監督は「いい打撃をしていた。もともとパンチ力はあるからね」と高く評価した。

 打撃に定評があり、大経大から育成3位で入団した。新人合同自主トレの3000メートル走で1位になるなど、身体能力はルーキーでもトップクラス。同期の大田は意識せず、練習に明け暮れている。「今は自分のことをやるので精いっぱい。覚えることを覚えて、早く1軍に行きたい」あくまでも支配下登録は通過点だ。

 顔の濃いワイルドな風貌(ふうぼう)から学生時代は「野人」と呼ばれていた。G党にもニックネームが浸透するまで、無我夢中でバットを振る。

 ◆山本 和作(やまもと・かずなお)1986年9月21日、兵庫・川西市生まれ。22歳。尼崎工から大経大へ進学。関西六大学リーグで通算101安打を放ち、1年秋には首位打者にも輝いた。182センチ、82キロ。右投右打。


山本

ひむかスタジアムでの試合だったんでほとんど中継では映らなかったのが残念。
紅白戦とはいえプロ初打席で満塁ホームランってすごいですね。

去年の加治前と被るところがある。加治前は公式戦でプロ初打席でサヨナラホームランを打った。
それに顔のワイルドさが似てるしw

ポジションも同じ外野手ですのでライバルになることは間違いないですがまずは支配下選手になることですね。

育成の苦労人・福元、超美技&2点三塁打
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090215-OHT1T00008.htm

 体が自然に反応した。左翼線を襲った隠善の飛球に向けて、巨人・福元は夢中で飛び込んだ。「頭では飛ぼうかどうか、迷っていたんですけど」。驚異的なダイビングキャッチに、球場が沸いた。

 ハングリー精神が生んだスーパープレーだった。昨春キャンプでは、当時同じく育成だった隠善が紅白戦でダイビングキャッチを連発。原監督から絶賛され、支配下登録、そして1軍への切符をもぎ取った。「自分も同じようになりたいですね」と言葉に力を込めた。

 打撃でも5回2死一、二塁で、右中間を破る2点三塁打。中大を中退、NOMOベースボールクラブを経て巨人入りした苦労人ルーキーが、育成からはい上がる。


福元

福元は守備面では超ファインプレーもあった。隠善が放ったレフトへの大きい当たりをダイビングキャッチでアウト。
すごかったわ、あのプレーは。

その当たりを打ったのが隠善っていうのに偶然じゃなような感じがする。なんていうか巡り合わせって言うのかな?そんな感じ。
なぜそう思ったかと言うと去年は隠善がまだ育成枠だったころちょうどこの時期の練習試合で今回の福元に似たようなファインプレーをしてたのを覚えてる。
その隠善も練習試合で猛アピールし支配下選手になったんだもんね。

去年の隠善のように猛アピールせればいよいよ背番号二桁が見えてくるので頑張っていただきたいです。
年齢は決して若くはないですがこういった泥臭いって言ったら失礼ですけどこういった目標に向かって必死にプレーしているところを見るとすごく応援したくなる。
何が何でも捕ってやろう、喰らい付いてやろうって一つの白球に向かってゆく気持ちが近年の巨人に欠如してたので本当に良いもんですね。

山本、福元

こうして育成選手が活躍してるのを見ると育成を見るのが楽しくなる。
こんなに希望が持てる育成枠ってすごい。
背番号が三桁だった選手が支配下選手になり二桁に、そして1軍の試合で活躍というサクセスストーリーに魅力を感じる。
育成選手だった山口が新人王になりWBC日本代表にまで選出されようとしてるんですからねw

こうした小さいことの積み重ねが将来の巨人の土台になっていき、やがては「強い巨人」になることを願う。

清武さんも喜んでるだろうなぁ(´ω`)



スポンサーサイト
[ 2009/02/15 07:29 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogoorangespirit.blog87.fc2.com/tb.php/207-ac46b07a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。