スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メークレジェンドへのキセキ(7月編) 

かなり手抜きです。中だるみ・・・

メークレジェンドへのキセキ(7月編)

ついに7月になりましたね。この月になると主力も戻ってきたりしてチーム状況もうなぎ上りでいい感じの月です。
7月の戦績は24試合16勝8敗でで上出来ですね。

特に7月と言えばガッツ小笠原が打ち始めましたね。シーズン序盤は膝の故障の影響もありなかなか思うようにスイングができなかったガッツが復活していったね。

7月は夏休みもあるので特に試合が多い。6連戦が3回もありました。
それに7月のチームの復調は横浜とヤクルトに数多く勝てたのが大きい。上位のチームに勝つことが大事なのは当たり前だが、下位のチームからも勝たなくては当時の首位の阪神には接近できない。
その下位のチームに数多く勝てたのがチームを好調の波に乗ることが出来たんじゃないかと思う。

勝利した試合が多いので取り上げる試合はたくさんあるが全部書くのは無理なので2,3試合に限定して書くw


6日のナゴヤドームでの中日戦。
この試合は小笠原の完全に復調したと確信した試合でもある。
結果から言うと7回に中日・吉見から逆転満塁ホームランを打って勝った試合ですね。
この日は休日ということもありましてデイゲームだったはず。
始まったときは寝ていて、起きたときに試合をやっていることに気づきテレビをつけた瞬間にガッツが満塁ホームランを打っていたので何がなんだか分からなかった感じだった。
寝起きでまだボッーっとしていたが満塁弾と知ってそれで目が覚めた。

この試合の時点で小笠原の打率は.262と低迷していたがここからシーズン終了までに渡ってガッツが本領発揮を見せる。
シーズン終盤はホントに毎試合は言いすぎだけどすごくたくさんヒーローインタビューに上がってた印象ですもん。
やっぱり頼りになるなぁ。

いきなり日付けが飛ぶが26日のヤクルト戦。
前日の25日は谷の逆転サヨナラタイムリーでの勝利もあって気分よくこの試合を向かえることができた。
が、初回味方のエラーもあって3失点。
5回までに4失点と敗色ムードが漂ってたが、6回から復調した巨人打線が快進撃を起こす。
6、7、8回の3イニングで4本塁打15安打12得点を打ちに打ちまくって奪いジャイアンツの打線の破壊力を堪能できた試合でもあった。
前日の逆転勝利の勢いをそのままに27日も7-0で圧勝し、ヤクルトに3タテをすることができた。

でもこれだけ勝ちに勝った7月でも阪神とのゲームは縮まらない。
せっかく上昇ムードなのに阪神も全然落ちてこない。
7月終了の時点でまだ9.5ゲーム差もあったのだ。
6月末から0.5ゲーム差しか縮まってない。

せっかく調子いいのに・・・こんなにいい試合ができるのに・・・
優勝したいなぁ・・・

そんな思いを抱いた7月でもあった。

が、やっぱりこの願いは期待を裏切らなかった。怒涛の8月を次回!

ということで7月のベストシーンは
「7月6日の対中日戦の小笠原逆転満塁ホームラン」
ですね。



メークレジェンドへのキセキ(8月編)
メークレジェンドへのキセキ(7月編)
メークレジェンドへのキセキ(6月編)
メークレジェンドへのキセキ(5月編)
メークレジェンドへのキセキ(3、4月編)




スポンサーサイト
[ 2009/01/30 00:30 ] ジャイアンツ特集 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gogoorangespirit.blog87.fc2.com/tb.php/178-280706bc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。