スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WBC強化試合 巨人vs中国代表 

巨人 巨人 9 - 2  中国
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃計┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃巨┃0 ┃0 ┃1 ┃0 ┃1 ┃1 ┃4 ┃2 ┃0 ┃9 ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃中┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃2 ┃0 ┃0 ┃0 ┃2 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[巨]東野、栂野、古川、金刃、越智
[中]呂建剛、etc...
[本]楊洋1号2ラン(6回)(中)、田中1号(6回)、坂本1号2ラン(7回)(以上巨)


中国戦があることをすっかり忘れて昼寝しててしまったので見るの忘れた・・・orz
9回の越智が投げてるところはギリギリ見ることが出来たのでよかった。

9-2で巨人が勝ってると知ったときは嬉しかったね。
中国のレベルが低いんだろうけど勝てたんだもんね。いや、巨人のレベルが高いんだよねw

東野

マジで嬉しいです。
投げては先発の東野は3回を投げてパーフェクトなピッチング。抑えの越智も9回を三者凡退で打ち取る。
打っては大二郎と坂本がホームラン!


つか中国代表側の監督が去年途中までオリックスの監督やってたコリンズさんだったのが驚いたw

田中、坂本
666って6ばっかりだなwww


今日は日本代表は埼玉西武と東京ドームにて強化試合。明日の3月1日に巨人が日本代表と試合。
すごい楽しみですね。

巨人側としてはこの前のような無様は試合はしないでほしいw



スポンサーサイト
[ 2009/02/28 18:32 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

WBC強化試合2戦目 日本vsオーストラリア 

日本  11 - 2 オーストラリア 豪州
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃計┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃日┃0 ┃0 ┃2 ┃5 ┃0 ┃2 ┃0 ┃2 ┃0 ┃11┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃豪┃0 ┃2 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃2 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[日]松坂、杉内、内海、渡辺、山口、涌井、藤川 ― 阿部、石原
[豪]モス、ブラッシングトン、ケリー、スピアー、キャシディ、ティムズ ― カールセン、ハウス

<投手>

松坂

松坂:不安要素たっぷり。でも松坂のことだから本番までには修正してやってくれるだろう。心配なのはやっぱり球数制限があることですね。松坂は球数を多く投げるタイプなので調子が悪いと平気で3回70球とかがある。1イニングでも長く投げてほしいからそこらへんが心配。

杉内:今日のヒーロー杉内。松坂降板のあとリリーフで登板。持ち味のストレートをアウトローいっぱいにズバッと決めて三振を取るピッチング。

内海:1回1/3で4人の打者に投げ、なんと9球でパーフェクトに抑えた。WBCのように球数制限があるような試合の場合には松坂のような三振をとるようなピッチャーじゃなくて内海のように打たせて取るピッチャーのほうが重宝するのかもしれない。
完璧でした。あっという間に3アウトでもうちょっと見たかった感じ

渡辺:やはり向こうチームはアンダースローでの投球を見ることはほとんどないのでさすがに戸惑っていたね。京セラドームの観衆も投球練習のときから「おおおおおお」って歓声を上げてたし。
ピッチング内容も申し分ない。

山口:1回を投げて内海と同様に打たせて取るピッチングで1回をパーフェクトに!去年のシーズンと同じように打者を打ち取ってくれたね。
内海、山口の巨人勢がいいピッチングするとファンとしても嬉しい。

涌井:ストレートは走っていたしコースにズバッとストレートが行っていて凄いいい感じでした。

藤川:抑えなので3人でキッチリ抑えてもらいたいところだが先頭打者に四球。大分得点差があったからこそキッチリ抑えてほしかったんだがな。これがもしも1点差とかだったらちょっと怖いね。
幸い相手打者もボール球を振ってくれて助かったし。まあストレートは相変わらず伸びてたから良し。

内海、山口

<野手>

なんていうか今日はオーストラリア側がエラーしすぎでグダグダな試合展開だった。エラー全部は6つだっけ?平凡なフライも落球、正面のゴロをトンネル。投内連係もダメダメ。
そんでごくたまにファインプレーしたりするしよく分からないチームだった。普通の当たりを普通に取ってくれないと強化試合にならないwww

今日も11得点と打線が大当たりし快勝。中でも一番当たってたのが昨日に引き続き稲葉ですね。
今日は猛打賞!もう止まりませんね。
稲葉に関しては打ちすぎて本番にとっておいてほしいかと思うくらいの好調ぶり。チャンスに稲葉に回れば絶対にランナーを返してくれると思えるぐらいだったし。
大分4番が板についてきたね。
4番打者がこれだけ打ってくれるとチームにも活気が出てくるね。シーズン中もそうだけど。

今日は先発マスクが阿部が被り、城島はDH。

今日は小笠原はベンチスタート。昨日はフルに出たからね、代わりに内川が先発出場。
代打で出てきて初球をセンターよりの右中間にツーベースヒット。さすが小笠原だ!
代打で小笠原がコールされたときも場内から歓声が沸いてたし最高ですね。

心配なのが青木。3塁へスライディングの際に中継からの送球が肘にもろ直撃。その送球の距離も短距離だったのでさらに痛みは大きい・・・怪我だけはやめてくれよ・・・

怪我といったら亀井もね。なんか首を痛めて今日は大事を取って休んだらしい。今度からの試合は出れるらしいけど何やってんだよ・・・って感じ。
青木がそういう時こそ亀井が出場する機会なのにこういう大事なときに限って欠場はねぇーだろ。

まあ両者とも大事に至らなかったからよかったね。
青木はもちろん亀井も大事な日本の戦力だしね。

イチローはクリーンヒットこそなかったけど打つところでは確実に打ってくれるね。持ち味の足を生かして相手の守備のミスを誘って得点なんてこともあったしね。

                                     ピカーン
イチロー


まあ今日はみんな当たっててよかったよ。オーストラリアが弱いのもあるけど弱いチームに確実に勝てるっていうのが強いチームである証拠だしね。

俺はJSPORTSで見てたからいいけど地上波ではまた今日も録画放送だったね。しかも途中で中継終了だし。
途中からでもいいから生放送で流せって感じですね。おかげで中継内で内海、山口のピッチングが見ることが出来なかったらしいし。


風神の山口がWBC強化試合で活躍した。
一方その頃雷神は・・・

越智

相方の風神がいなくても頑張っています。
右肘に張りを訴え紅白戦の当番を回避するもブルペンで63球の投げ込み。
順調ですね。

怪我だけはマジ勘弁



[ 2009/02/25 22:15 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

WBC強化試合 日本vsオーストラリア 

京セラドームにてオーストラリアオーストラリアと強化試合。球場は満員。

京セラ

日本  8 - 2 オーストラリア 豪州
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃R ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃豪┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃日┃0 ┃2 ┃1 ┃1 ┃3 ┃0 ┃1 ┃0 ┃×┃8 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
[豪]●コックス、クロフォード、アンダーソン、ランドグレン - カールセン、ハウス
[日]ダルビッシュ、○岩隈、岩田、小松、田中、馬原 - 城島、石原

<投手>

ダルビッシュ、岩隈

ダルビッシュ:調子悪かったっぽいね。2回、3つの四死球で2死満塁のピンチを作って不運な内野安打で1点取られイニング途中で降板。
本番では球数正弦が常に気にしないといけないから球がすっぽ抜けたりして無駄球の出しすぎ。第1ラウンドは70球?ぐらいだったからこの調子だと3回も持たないよ。
球速は153キロとか出ててよかったけど。

岩隈:ダルビッシュの後に登板。2死満塁だったけど打者を三振に打ち取る。この後のイニングも打ち取っていった。今日一番いいピッチングした投手ですね。

岩田:ヒットを1本打たれるも次の打者併殺に打ち取り持ち味のピッチングが出来た感じ。

小松:大きく曲がるカーブがよかった。

田中:長打を打たれるも後続を打ち取りまずまずのピッチング

馬原:抑えの登板。ヒットを打たれるも最後はキッチリ打ち取った。

<野手>
3打数1安打0打点 青木   右安   中飛   三ゴ
1打数1安打2打点 内川                         中安(1). 中犠(1)
5打数0安打0打点 中島   遊併   三振   三振   左飛   遊ゴ
4打数1安打0打点 イチロー  投ゴ   二安   遊ゴ   二ゴ
1打数0安打0打点 亀井                                 三ゴ
2打数2安打0打点 稲葉   左二   右安   
2打数1安打0打点 阿部                  左中二 捕邪   四球
3打数1安打2打点 村田   遊ゴ   投ゴ(1). 左安(1)
2打数0安打0打点 川崎                         三振   二ゴ
3打数1安打0打点 小笠原 四球   左飛   右安   四球   三振
2打数0安打1打点 福留   一失   四球   中犠(1). 右失
3打数2安打0打点 城島   四球   右安   遊失   右安
0打数0安打0打点 石原
0打数0安打2打点 岩村   左犠(1). 左犠(1).
1打数0安打0打点 片岡                  四球   右飛

打者全体に次の打者に繋ごうと自己犠牲してまでも何としても塁に出よう・ランナーを進めよう・ランナーを返そうとする姿勢がよかったね。
四球が多いのもその証拠。特に小笠原はよく粘って四球を選んだりしていた。
とにかく今日は犠牲フライによる得点が多かった。ちゃんとチーム全体が繋ぎに徹してるという証拠ですね。

ほとんど毎回得点をあげたし切れ目のない打線棚と思った。どこからも繋いで点を取ることのできる、これほどすごい打線はない。
一気に大量得点もいいけど1点ずつコツコツ取っていったほうが相手に対するダメージは大きいだろう。

今日も4番稲葉は大当たり。2打数2安打で見事日本代表チームの方針と同じ「繋ぎ」のバッティングをした。もともと繋ぐ4番として稲葉が4番に抜擢されたわけですからね。

稲葉、岩村

そして今日の岩村。2打席とも犠牲フライ。両方ともレフトへの逆方向へのフライで2打席目の犠牲フライを打った瞬間はVTRでも見ているかのよう1打席目の犠牲フライと似ていた。
ヒットはいらない、ランナーを何としても返すって気持ちがより強く出ていたような感じでしたね。

先発マスクを被った城島も2打数2安打1四球1失策で全4打席とも出塁。頼りになりますね。
その城島にも負けてられない阿部は代打で出場。1打席目見事に阿部の持ち味である変態的なバッティングで左中間を破る二塁打。今日は2打数1安打1四球。

阿部

小笠原はとにかくよく粘っていた。追い込まれた後でも執拗にカットしたりして何としてでも塁に出るんだという気持ちの強さを感じだ。
結果2四球というのもその証拠だろう。粘りってすごく大切ですね。ヒットも1本打ったし打撃面も言うことないだろう。
最終打席では観客から手拍子による応援もあった。

小笠原

気になるのはイチロー。まあイチローのことだから心配する必要はないんだけど巨人との練習試合を含めてまったく快音が聞かれない。内野安打こそあったけどクリーンヒットがない。
まっ、イチローだから本番になるとバンバン打ち出すと思うけどね(笑)

イチロー

ちなみに亀井もイチローと守備交替で途中出場。今日はライト、センターを守った。
打撃では1打席立つも当てただけのバッティングでサードゴロ。ちゃんとスイングしてほしかったけど、さすがに緊張しているのかな(笑)



まとめとして今日はチーム全体よくやったと思いますね。
明日も試合あるので見逃せませんね。




[ 2009/02/24 23:01 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

日本代表vs巨人 雨天コールドも日本代表圧勝! 

今日は雨天により7回まででコールドゲーム

日本代表  13 - 1 巨人 巨人
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃R ┃H ┃E ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃巨┃0 ┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃1 ┃3 ┃0 ┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃日┃0 ┃4 ┃1 ┃2 ┃3 ┃3 ┃0 ┃13┃14┃2 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

巨人 金刃→歌藤→西村健→福田
日本 涌井→岩田→渡辺俊→山口


<先発メンバー>

【日本代表】1番(左)青木、2番(遊)中島、3番(右)イチロー、4番(DH)稲葉、5番(三)村田、6番(一)小笠原、7番(中)福留、8番(捕)阿部、9番(二)岩村。先発投手は涌井。

【巨人】1番(右)谷、2番(中)松本、3番(二)アルフォンゾ、4番(DH)ラミレス、5番(一)李、6番(遊)坂本、7番(左)田中、8番(三)中井、9番(捕)加藤。先発投手は左腕の金刃。

試合経過
http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2009/news/f-bb-tp0-20090222-463612.html


(日本代表側視点)
<打者>
初回は巨人・金刃に三者凡退に抑えられるも2回に4番稲葉、5番村田と連続ヒットで6番小笠原が四球を選び7番福留が満塁ホームラン!
福留調子いいねぇ、昨日も三塁打打ったしすげぇ。頼もしい限りです。

中島も2ランで岩村も3ランを打ったしもう最強だな。

小笠原は3打数2安打1四球2打点の大活躍!しかもその2安打は二塁打!

阿部は先発マスクを被り肩の調子は順調?打撃では2打数無安打

亀井も5回表から守備につき6回裏には無死一塁で打席に立ち、センター前ヒットを放った!
すごい嬉しいwww


<投手>
しかし投手陣では1回2回を投げた涌井と3回4回を投げた岩田がちょっと危ない気がする。
涌井は結果2イニングを無失点に抑えるも初回に岩村のエラーや暴投、連続四球によって満塁のピンチを作ってしまう、結果0点でもやばいよ。

岩田はヒット、岩村のエラー、ヒットで無死満塁のピンチを作ってしまう。李の併殺打の間に1点を取られる。
2試合を通じてこの1失点が唯一の失点。
結果は1失点でも内容が悪い・・・

それと岩村酷いな・・・エラーしまくり・・・
個人的にはサードがいいんだがな、まあセカンドは球団からの契約みたいなのでしょうがないか。

山口も登板。1回2/3を投げ完璧なピッチング!昨日の内海といい巨人の投手は調子いいね!


(巨人側視点)
もう言うことはないよ・・・ハハハ




岸、松中ら落選、28人が決定/WBC
http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2009/news/f-bb-tp0-20090222-463706.html

 サムライジャパン、28人のメンバーが決まった。今回は24、25日に行われるオーストラリアとの強化試合で大阪に遠征するメンバーという形で発表されたが、これが事実上の最終メンバーとなる。なお正式な発表は25日の午前中に行われる。岸(西武)、和田(ソフトバンク)、細川(西武)、松中(ソフトバンク)、栗原(広島)の5人はメンバーに入らなかった。


代表落ちは岸、細川、松中、和田、栗原・・・ってことは・・・
亀井当確!!!???wwwww
やべぇwまさか残るとは思わなかったわw
いやぁ嬉しい嬉しい。
みんな俺も含めてみんな落選最有力候補に入れてたからなぁ。まさかこうなるとは・・・

ってことは巨人の選手はみんな落選はいないってことか。
阿部、小笠原、亀井、内海、山口。みんなWBCで暴れて来い!



[ 2009/02/22 15:06 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

日本代表vs巨人 日本代表圧勝!侍スピリット魅せた! 

こんな試合なのにどこも中継なし、何のためのスカパーだよw
G+は権利の問題で放送できないのは分かるが、その権利を持ってるJsportsが放送しないって何事だよwww

仕方なしに日刊スポーツの速報をわざわざ見てた。何が悲しくて速報見ないといけないんだよ・・・放送しろよ。

日本代表  10 - 0 巨人 巨人
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃R
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫

┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
1012
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛


巨人 東野→古川→栂野→ロメロ→木村正
日本 和田→田中→内海→馬原→藤川


<先発メンバー>

【日本代表】1番(左)青木、2番(遊)中島、3番(右)イチロー、4番(DH)稲葉、5番(三)村田、6番(一)小笠原、7番(中)福留、8番(捕)城島、9番(二)岩村。先発投手は和田。

【巨人】1番(中)工藤、2番(左)谷、3番(二)アルフォンゾ、4番(DH)ラミレス、5番(一)李、6番(遊)坂本、7番(三)中井、8番(右)加治前、9番(捕)鶴岡、先発投手は東野。

試合経過
http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2009/news/f-bb-tp0-20090221-463250.html

WBC
平日のただの練習だけでも4万人を超えていただけあって今日の練習試合ともならばさらに超満員になることは予想していたが案の定超超超満員!

どっちを応援したらいいか分からなかったので日本代表側視点と巨人側視点と2つの視点で書いていこうと思います。

(日本代表側視点)

イチロー

稲葉

4番稲葉はねぇーよ・・・と思ってたけど初回にいきなり3ラン打ったのにはたまげたわw 原采配がズバリ!
特に2番中島が脅威でしたね。

巨人が情けなかったってのもあるけどやはり日本代表チームは強いですねw 本番でも期待できそうです。

特によかったのは6回7回を投げた内海。2イニングを投げて両イニングとも三者凡退に打ち取るパーフェクトピッチング!
いいねぇ、残れるかもしれないね^^

それと心配なのは抑えの守護神候補の藤川と馬原の状態だ。藤川に関しては守護神最有力候補でもあって3人でキッチリ抑えてもらいたいところだが、ちょっと危ない内容のピッチング・・・
WBC公式球が合わないのかなぁ。

たまたま不調なだけならいいが前回大会と北京五輪でも打たれてるだけに結構心配だ。

まあ打線は申し分ないね^^
あとは投手陣の調子だ。今日投げた選手の他にも松坂、ダルビッシュ、岩隈とまだまだすごい投手は揃っていますから本当に心強いですねw


(巨人側視点)
ちょっと怒ってもいいですか・・・?^^;;

あ~情けない・・・情けない!情けない!
なんだよこの有様は・・・別に勝てとは言わないけど何だこれは・・・
さすがにブチ切れるわ・・・w

巨人は全くいいところなし。打者は打てない、投手は打たれる、守備は乱れる・・・
なんなんだこれは・・・打てない打たれるだけならまだしも守備の乱れは試合全体のだらけさせる。

まだね、普通に投手が打たれて一方的に負けるならまだしも守備の連続エラー・・・練習試合にもならんし恥ずかしいわ。
前にも記事に書いたけど「恥ずかしい試合だけはやめて」ってホントに恥ずかしい試合になってしまったよ。
エラーが一番いかんわ

もうこれはいかんわ


もう何回も書くけど情けない情けない情けない!

ある意味中継がなくてよかったかもなw

あえて今回の試合の収穫を上げるなら初回の東野のイチローを3球三振に取ったことと、ロメロのピッチングですかね。



[ 2009/02/21 16:31 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(2)

21日日本代表vs巨人戦の日本代表先発メンバー発表 

原監督が21日巨人戦の先発メンバー発表
http://sports.yahoo.co.jp/news/20090220-00000010-nks_fl-base.html

 WBC日本代表の原辰徳監督(50)が、21日に行われる巨人との練習試合の先発メンバーを以下の通り発表した。
 1番(左)青木、2番(遊)中島、3番(右)イチロー、4番(DH)稲葉、5番(三)村田、6番(一)小笠原、7番(中)福留、8番(捕)城島、9番(二)岩村
 先発投手は和田。一方の巨人は東野が先発。ラミレスら主力選手も出場する予定。



日本代表
1番(左)青木
2番(遊)中島
3番(右)イチロー
4番(DH)稲葉
5番(三)村田
6番(一)小笠原
7番(中)福留
8番(捕)城島
9番(二)岩村



え、4番・・・稲葉・・・?松中の代役?



[ 2009/02/20 19:22 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

亀井、阿部、小笠原がシート打撃 

松坂vs亀井
今日は亀井がシート打撃。しかも相手は松坂

亀井右中間二塁打(vs松坂)
    三振(vs杉内)
    ライトライナー(vs岩隈)
    遊ゴロ(vs馬原)

松坂から右中間へ二塁打を打ったんだ、しかも初球w
出合い頭の一球とは言え亀井よくやった!

第3打席の対岩隈は右へ鋭い打球を飛ばしたがイチローがジャンピングキャッチによりアウト。
結果はライトライナーになったけど印象的にはいいと思う。
イチローも罪な奴だ・・・w

亀井松坂から二塁打打ったからスポーツニュースで取り上げてくれるかな?と思ったけどあとに打った青木のホームランのほうが目立ってしまった・・・まあしょうがないかw
夜にもスポーツニュースあるからそれに期待しましょう

その松坂も打者14人に対し1被安打・6奪三振と好投。


松坂vs阿部

阿部:一ゴロ(vs松坂)
    二ゴロ(vsダルビッシュ)
    二ゴロ(vs岩田)
    二ゴロ(vs藤川)

なんか阿部の悪いところがそのまんま出てしまった感じ。
ランナーいたらゲッツーマシーンになっちまう・・・


松坂vs小笠原

小笠原:空振り三振(vs松坂)
     三振(vs杉内)
     二飛(vs岩隈)
     一ゴロ(vs馬原)

小笠原は本番ではサードが有力らしい。前回大会はファーストでしたね。
まあ他にサード守る選手はあんまりいないから小笠原になったんでしょうね。


阿部小笠原と今日は不振に終わったけど特に心配はありませんね。阿部に関しては肩の怪我が心配ですけど。




[ 2009/02/18 19:50 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

亀井ガムシャラに追い続けろ!&内海、山口がシート打撃でWBC組を一刀両断! 

今日は昨日をさらに上回る4万3000人の観客が来たらしい。
多いねぇ、巨人のキャンプの観客も根こそぎ持ってかれちゃったしw

イチロー、亀井
あのイチロー亀井のツーショット!
もうイチローにうざがられない程度に常に近くに付いていけって感じですね。
イチローの近くにいればこうして写真にも一緒に載ることができるしw

http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2009/news/f-bb-tp0-20090217-461665.html
>イチローが外野ノックで背面キャッチに成功し大歓声。亀井もチャレンジしたが失敗して大爆笑。

ちょwww亀井慣れないことはするもんじゃないwww
まあ記事に載るだけでそれだけで財産だね。


山口
かっこいいですねw

その山口もシート打撃に登板。

小笠原:三振
中島:左前安打
栗原:右飛
福留:三振
松中:三振
亀井:三邪飛
石原:遊ゴロ

山口すげぇええええええ
どうせなら中島も抑えてもらいたかったけどそれでも被安打1本。上々ですね。
しかも小笠原福留松中とWBCのクリーンナップ候補から三振を取ったのがすごく嬉しい。
3人とも左打者なのでさらに好印象。本番でも山口は対左打者のワンポイントで十分機能できそう。

代表候補のもう一人の内海もシート打撃に登板

イチロー:遊ゴロ
青木:二ゴロ
稲葉:二ゴロ
村田:空振り三振
城島:遊ゴロ
阿部:中前安打
川崎:二ゴロ
内川:中飛
片岡:二ゴロ
細川:投ゴロ

内海もすげぇええええええ
奪三振数こそ少ないけどもゴロで打たせて取るピッチングができたっぽい。
ゴロ、特に二ゴロが多いのも内海の投球に打者みんなが翻弄されたって証拠ですねw
特にイチローを打ち取ったんだから内海も嬉しいんじゃないかな?w

いやぁ、嬉しいわぁ



[ 2009/02/17 18:36 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

日本代表「サムライジャパン」が始動!&夢の対決 日本代表vs巨人 

第2回WBCに向けて、いよいよ日本代表「サムライジャパン」が始動!
15日に第1次登録選手33人が宮崎に集合、翌16日からの合宿から日本時間25日に発表される最終メンバー28人を巡る戦いが始まった!

WBC

人多いですね、前回大会のこの時期はここまで盛り上がってなかったと思う。
まあ日本ってこともあるんだろうけどね。

今ニュースでやってたけど今日だけで3万7000人も来てたらしい。道路は渋滞まで出来てたらしい。

巨人キャンプ練習場のサンマリンスタジアムを一時的にWBC組に明け渡すことに。
1軍、2軍とでひむかスタジアムと木の花ドームを使い分けるのかな。

サンマリンスタジアムだけあってやっぱり巨人のキャンプをしてた名残が残っていますねw
球場の外壁のところに巨人の選手のパネルがたくさん貼ってあるしw

WBC
東さんまた来てたのかw

原監督がWBCのキャンプ地を宮崎にしたおかげで人がごった返してますね。
人が来ればそれだけPRにもなるし宮崎の経済効果もあるだろうし東さん嬉しいだろうなぁ。

WBC
イチローと談笑する原監督。

WBC
阿部は無理しないでよね。


WBC日本代表が21、22日に巨人と練習試合
http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20090216081.html

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表が合宿終盤の21日と22日、サンマリンスタジアム宮崎で巨人との練習試合を行うことが16日、決まった。

 原監督は「セレクションマッチではないが、結果としてそうなる」と目的を説明した。今回の合宿には33選手が参加しているが、最終的に代表は28選手に絞り込まれる。篠塚打撃コーチは「2試合で野手は全員出場させる」との方針を示した。


これは本当に楽しみだ。

巨人と日本代表が一気に見れるなんてこんな嬉しくて贅沢なことはない!

このカードは巨人を応援しちゃうな。もちろん日本代表も応援するけどw
巨人は1軍半、2軍の選手中心になるだろうから開幕一軍のアピールの場にもなるだろうからね。
投手に関しては代表チームを抑えればすごく自信にもなるだろうし。

どっちのチームも頑張ってもらいたいです。まあ巨人は負けてもいい試合をしてほしいです。ボロ負けではメンツが丸潰れだしw

でも勝っちゃったらどうしよw

平日でこんなに人が来てるんだから休日の練習試合ともなればサンマリンスタジアムが超満員になることは間違いなしですね。
練習試合なのに選手たちは公式戦以上に緊張しちゃうだろうなぁw

だからこそ恥ずかしい試合だけは勘弁w



[ 2009/02/16 17:46 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

原監督率いる侍ジャパン本格始動! 

いよいよ本格的に原監督率いる侍ジャパンが始動し始めますね。楽しみです。

「船は出港した」侍ジャパン本格始動!
http://www.sanspo.com/baseball/news/090215/bsr0902151740003-n1.htm

 野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表候補選手らが15日、宮崎市内のホテルに集合した。16日から始まる宮崎合宿には1次登録された42人中、33選手が参加。大会連覇を懸けて、原辰徳監督(巨人)率いる「侍ジャパン」が本格始動する。

 イチロー外野手(マリナーズ)や松坂大輔投手(レッドソックス)らが続々と宿舎に入り、22日まで行われる宮崎合宿のスタートに備えた。全選手が参加してのミーティングでは、原監督が「今、船は出港した。意義ある時間にしていきたい」とあいさつした。ミーティング後は、ドーピング検査が実施された。

 WBCは3月5日に東京ドームで行われる1次ラウンドの日本-中国で開幕。同23日(日本時間24日)に米ロサンゼルスで決勝を行う。


原監督

明日からですね、明日からのスポーツニュースはもうWBC一色でしょうね。まあ今日のこのニュースもやるだろうから今日からですねw

イチロー、松坂

こうやって大物メジャーリーガーも集結してるところを見るといよいよだなぁって感じがする。

巨人からは阿部、小笠原、亀井、内海、山口が候補。

小笠原はほぼ当確としてあとはどうでしょうね。

阿部は肩の怪我の影響もありますし難しいです。遠投は出来るようになったと言えども実戦での送球はまだ山なりらしい。
無理して選手生命を縮めるよりはWBCは諦めてシーズンに標的を移してもらいたいというのが僕の意見です。
もちろん出てもらいたんだけどね。
怪我してちゃ守備はロクにできませんし、捕手は城島などたくさん代わりはいますからね。中途半端にDH要員として連れて行くなら控えでも守備が万全に出来る選手連れて行ったほうががいいいですし。

亀井は選ばれたからにはガムシャラになるしかない。自分の持てる能力を精一杯アピールするのみ!落選候補最有力に上げられるのは仕方がない!とりあえず多くのことを学んで来い!

投手陣の中では内海、山口。このウチどちらか一人が選出されるんだろうけどどっちになるか。両方はあるのかなぁ?
中継ぎ専門としてなら山口だし、先発として連れて行くなら内海。でも左腕の先発ならSBの杉内、和田がいますからどうなるか分かりません。

左の中継ぎは少ないので山口のほうが確率的には高いかな?

もちろん両方選出されるかもしれないし、落とされるかもしれないので一概には言えませんけど。


ああ、それと内海といえば落選したら侍ジャパンにかけて「落ち武者」と呼んでくれとかなんとか・・・



[ 2009/02/15 22:31 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

育成最高です!~巨人紅白戦第2試合目~ 

今日は1試合のみの8イニングまでの試合。

                  R  H E
紅 2 0 0 0 0 0 0 0   2  6 1
白 0 0 1 0 0 0 0 0   1  3 0

紅組

8工藤  二ゴ 三ゴ 投ゴ 見三振
4円谷  右安 空三振 空三振 左中2
6坂本  左本● 二ゴ 遊ゴ 左安
9加治前 三ゴ 四球 一飛 三ゴ
3田中  一ゴ 左安 二ゴ
5大田  三ゴ 二ゴ 空三振
2鶴岡  中直 遊ゴ
 星_  三振
D仲澤  空三振 左安 遊ゴ
7福元  右飛 中飛 
 籾山  二ゴ

P木佐貫-野間口-越智-オビスポ-西村優

白組

4脇谷  三飛 二ゴ● 一ゴ  
6寺内  三ゴ 中飛 投ゴ
5中井  一邪飛 空三振 
3小田嶋 中安 中飛 見三振
9隠善  二併殺 中安 二ゴ   
7山本  三失 空三振 右飛
2加藤  三ゴ 右飛 
 實松  一飛
D古城  左安 遊ゴ 
4藤村  中安
8松本  遊ゴ 遊直
 橋本 

P 久保-西村健-ロメロ-福田-大抜


今日は坂本がよかったね。1打席目の初球を見事レフトスタンドへホームラン。最初はファールかな、と思ったけど切れずにスタンドイン。
思ったのはパワーが付いたなぁって感じ、これは今年は期待できそうですね。
守備でも好守を連発し他の若手と格の違いを見せ付けた。

去年なんて守備はお世辞にも上手いとは言えなかったけど今は坂本のところに打球が飛べば安心って感じになってる。頭を越そうかという当たりもダイビングキャッチで観衆を沸かせたしスター性がありますね。かっこいいぃ

1年試合に使い続けて損はなかったと確信した!

次に大田。今日も散々な結果。守備面でもアウトにしなきゃいけない当たりもエラー・・・
まるで昨日の紅白戦のデジャブだ。
まあいきなり打っちゃうと浮かれちゃうから今のうちにいっぱい失敗しておけばいい、そう思うことにする。
疲れもあるしフォーム改造仕立てなのでちょっと間を置いた練習試合、オープン戦で大田の活躍を期待しましょう!


今日いっぱい取り上げたいのはなんと言っても投手陣!

越智:球が相変わらず速い。フォークはまだ高い。育成・山本に粘られるも最後には空振り三振。本来なら四球出しちゃうところでしたがなかなか圧巻でした。粘った山本にも拍手ですね。

ロメロ:昨日正式に育成選手として契約したロメロ。背番号は111。早くも投球機会がやってきましたね。投球フォームはいかにも外国人選手っぽいです。スリークウォーター気味で球もそこそこ速いほうですね。
しかし良くも悪くも球が高い。高いのが幸いして前に飛ばないのもあるが当たったら長打になる可能性の高い高さ。もうちょっと低めに投げれるようにばすごいかも。

オビスポ:新加入のロメロというライバルも入ってきたので負けられないですね。今日は制球重視にしたのかコントロールにバラつきがなかった。なかなか良い感じ。

大抜:名前は知ってたけど初めて見る選手だ。年齢は20歳とまだまだ若い。とにかく細身でライオンズの岸に似ていた。球速はまだ遅い。これからこれから。化ければすごい選手になると思いますね。

西村優:長身ですね、投げてるところを見るのは初めてです。どう評価して良いのは難しいですけど0点に抑えれたのはいいことです。



昨日の紅白戦見ても思ったけど本当に育成枠っていいですねぇ、まさに「育成」だしw
個性のある選手をどれだけ伸ばせるかで球団の腕が試されますからね。最近巨人は育成に目覚めてすごく力を注いでるので本当に将来が楽しみ。
完成された状態を見るのも楽しいけどこうやって育っていく過程を見るのもより楽しい。
プラモデルみたいなものですね。

すべての選手に共通して言えるのはこじんまりしてるより個性を大事にしてもらいたいです。
さらに育成枠もそれ以上に強い個性を発揮してもらいです。




[ 2009/02/15 16:39 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(2)

育成枠ってなんて素晴らしい、背番号三桁のルーキー達が大活躍 

昨日の紅白戦でルーキーの育成枠コンビが揃って大活躍。

二人とも去年のドラフトで育成選手として入ってきた選手。
その二人が揃って紅白戦で大活躍。
山本はプロ初打席で満塁ホームランを含む2打数2安打4打点、福元は5回2死一、二塁で右中間を破る三塁打を含む3打数1安打2打点。

[維新の若武者 大田だけじゃない](12)山本、プロ“初打席”で満塁弾
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090215-OHT1T00004.htm

 プロ初打席でド派手なデビューを果たした。紅白戦の白組「8番・左翼」で先発。いきなり好機が巡ってきた。2回、1点を先制し、なおも無死満塁。辻内の甘く入った141キロ直球を迷いなく振り抜いた。「何も考えずに直球だけ狙っていました」きれいな放物線を描いた打球は左中間の防球ネット中段に突き刺さった。記念すべき“プロ1号”がグランドスラム。自分でも信じられなかった。

 3回の第2打席は四球、5回には右中間を深々と破る二塁打を放った。2打数2安打4打点に「出来すぎです」と照れ笑いを浮かべた。視察した岡崎2軍監督は「いい打撃をしていた。もともとパンチ力はあるからね」と高く評価した。

 打撃に定評があり、大経大から育成3位で入団した。新人合同自主トレの3000メートル走で1位になるなど、身体能力はルーキーでもトップクラス。同期の大田は意識せず、練習に明け暮れている。「今は自分のことをやるので精いっぱい。覚えることを覚えて、早く1軍に行きたい」あくまでも支配下登録は通過点だ。

 顔の濃いワイルドな風貌(ふうぼう)から学生時代は「野人」と呼ばれていた。G党にもニックネームが浸透するまで、無我夢中でバットを振る。

 ◆山本 和作(やまもと・かずなお)1986年9月21日、兵庫・川西市生まれ。22歳。尼崎工から大経大へ進学。関西六大学リーグで通算101安打を放ち、1年秋には首位打者にも輝いた。182センチ、82キロ。右投右打。


山本

ひむかスタジアムでの試合だったんでほとんど中継では映らなかったのが残念。
紅白戦とはいえプロ初打席で満塁ホームランってすごいですね。

去年の加治前と被るところがある。加治前は公式戦でプロ初打席でサヨナラホームランを打った。
それに顔のワイルドさが似てるしw

ポジションも同じ外野手ですのでライバルになることは間違いないですがまずは支配下選手になることですね。

育成の苦労人・福元、超美技&2点三塁打
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090215-OHT1T00008.htm

 体が自然に反応した。左翼線を襲った隠善の飛球に向けて、巨人・福元は夢中で飛び込んだ。「頭では飛ぼうかどうか、迷っていたんですけど」。驚異的なダイビングキャッチに、球場が沸いた。

 ハングリー精神が生んだスーパープレーだった。昨春キャンプでは、当時同じく育成だった隠善が紅白戦でダイビングキャッチを連発。原監督から絶賛され、支配下登録、そして1軍への切符をもぎ取った。「自分も同じようになりたいですね」と言葉に力を込めた。

 打撃でも5回2死一、二塁で、右中間を破る2点三塁打。中大を中退、NOMOベースボールクラブを経て巨人入りした苦労人ルーキーが、育成からはい上がる。


福元

福元は守備面では超ファインプレーもあった。隠善が放ったレフトへの大きい当たりをダイビングキャッチでアウト。
すごかったわ、あのプレーは。

その当たりを打ったのが隠善っていうのに偶然じゃなような感じがする。なんていうか巡り合わせって言うのかな?そんな感じ。
なぜそう思ったかと言うと去年は隠善がまだ育成枠だったころちょうどこの時期の練習試合で今回の福元に似たようなファインプレーをしてたのを覚えてる。
その隠善も練習試合で猛アピールし支配下選手になったんだもんね。

去年の隠善のように猛アピールせればいよいよ背番号二桁が見えてくるので頑張っていただきたいです。
年齢は決して若くはないですがこういった泥臭いって言ったら失礼ですけどこういった目標に向かって必死にプレーしているところを見るとすごく応援したくなる。
何が何でも捕ってやろう、喰らい付いてやろうって一つの白球に向かってゆく気持ちが近年の巨人に欠如してたので本当に良いもんですね。

山本、福元

こうして育成選手が活躍してるのを見ると育成を見るのが楽しくなる。
こんなに希望が持てる育成枠ってすごい。
背番号が三桁だった選手が支配下選手になり二桁に、そして1軍の試合で活躍というサクセスストーリーに魅力を感じる。
育成選手だった山口が新人王になりWBC日本代表にまで選出されようとしてるんですからねw

こうした小さいことの積み重ねが将来の巨人の土台になっていき、やがては「強い巨人」になることを願う。

清武さんも喜んでるだろうなぁ(´ω`)



[ 2009/02/15 07:29 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

ロメロ、育成枠で契約 

ロメロ合格 育成で契約
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090215-OHT1T00013.htm

 巨人は14日、宮崎キャンプにテスト生として参加していたレビ・ロメロ投手(24)と、育成選手契約を結んだ。背番号は111で年俸は360万円。ベネズエラ出身の同投手は、196センチ、84キロの長身からスライダー、スプリットなどを投げ込む変則右腕。昨季は米レンジャーズ傘下の1Aクリントン(0勝1敗)と1Aベーカーズフィールド(0勝0敗)に在籍した。

 サンマリンスタジアム宮崎で会見に臨み「巨人はとても連帯感のあるチーム。直球には自信を持っている。1軍のマウンドに上がれるよう努力したい」と抱負を語った。


ロメロ

第一印象、デケェエエエエエエ
196cmって巨人では一番大きいのかな。

ロメロにメロメロ・・・



[ 2009/02/15 06:32 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

大田、紅白戦ほろ苦デビュー 

大田、初実戦ほろ苦デビュー 2三振に失策
http://www.sanspo.com/baseball/news/090214/bsa0902141341005-n1.htm

 スタンドの観衆と報道陣の視線が、グラウンドの背番号55へ注がれた。巨人のドラフト1位ルーキー、大田(東海大相模高)の実戦デビューとなった14日の紅白戦。18歳には、ほろ苦いスタートとなった。打撃では2三振を喫し、守備でも失策を記録するなどプロの洗礼を浴びる結果に「準備不足でした」。試合後は反省の言葉を並べた。
 「5番・三塁」で迎えた第1打席の対戦相手は、WBC日本代表候補の内海。「スピード感が違った」という直球に差し込まれ、三ゴロに倒れた。第2、3打席はいずれも三振。「打席で落ち着きがなかった」という初実戦での緊張感は課題の守備にも影響し、三回に岩舘の打球を捕球しきれず、失策を犯した。
 しかし、大物ルーキーという同じ境遇を味わった先輩の評価は高い。この日巨人キャンプを訪問した清原和博氏は、「体も大きいし、巨人を背負って立つ素材だと思う」。初実戦を見守った原監督も「打席でも守備でも、輝いた目で立ち向かっていた。この気持ちを忘れないでほしい」と責めることはなかった。
 大田にとっても、失敗を振り返る時間は残されていない。15日も紅白戦が行われ、17日からは1、2軍に振り分けて練習が再開する。きょうの紅白戦は、WBC日本代表合宿に臨む指揮官にアピールする最後のチャンスでもある。
 試合後は1時間を超える特守をこなし、夜間練習にも参加した大田。1軍への生き残りをかけ、大物ルーキーが早くも正念場を迎えている。

その他の関連記事
G・大田、2三振デビュー「緊張しました」(サンスポ)


大田

時間が経って冷静に考えてみると注目されてるだけあってヒットを打ってほしかったけど、返ってこの結果がよかったのかもしれない。
もしも中途半端にヒットを打ててたりしたら投手陣は何やってるんだって話になる。
ちゃんとプロの厳しさ・洗礼を浴びせたことが今日の唯一収穫だと思う。

昨日のうるぐすでもやってたけど、江川曰く「ちゃんとバットを振れてない。今疲労が一番ピークなのでそこをどうやって身体を作っていくか、身体は大きいけどまだプロの身体つきではない。」

まあ仮にもまだ高校生なのでプロの身体つきについてはこれからですね。

守備面については江川曰く「10点中5点、ギリギリ合格ライン」らしい。
昨日の紅白戦でも惜しい失策があったしまだまだ課題が多い。

江川が大田について褒めていたことは「弱音を吐かない選手」「練習の取り組みの姿勢」などを絶賛していた。
紅白戦の後も1時間の特守をしてたのがいい。

昨日の成績は忘れて今日の紅白戦を頑張ってほしいです。


それと昨日は清原も巨人キャンプに見に来ていた。
大田
清原「(大田は)体も大きいし、巨人を背負って立つ素材だと思う」

清原とは打者タイプは違うけど将来清原のような大打者になってほしい、良い意味でね。



[ 2009/02/15 05:46 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

ついにやってきた紅白戦! 

今日の紅白戦はサンマリンスタジアムメイン(紅組vs黒組)の中継だった。ひむかスタジアム(緑組vs青組)はダイジェストで放送されてた。
試合は6回まで各投手2イニングずつ。


サンマリンスタジアム

黒組 000 000 0
紅組 000 030 3

<後攻(黒組)>         <後攻(紅組)>
1番:寺内(遊)         1番:松本(中)
2番:岩舘(二)         2番:木村拓(二)
3番:小笠原(三)        3番:円谷(遊)
4番:イ・スンヨプ(一)     4番:田中(右)
5番:隠善(右)         5番:大田(三)
6番:實松(捕)         6番:星(捕)
7番:佐藤(左)         7番:福元(左)
8番:橋本(中)         8番:谷内田(一)
投手:内海、栂野、会田   投手:東野、山口、木村正

【投手】
東野:1回表、マウンドには東野。背番号17がすごく見合っていた。久しぶりの試合でもあってかすごく興奮しましたね、プレイボールでの初球がズバッと行った時には鳥肌が立ちました。
寺内、岩館と連続ヒットを浴びるも後続を打ち取り0点にしのぎまずまずのピッチング。
2回も投げ、まずまずのピッチング。スピードガンが結構辛かったので球速表示は遅かったけど見た感じは速そうだった。
高めに大きくボールが外れたりしたけど球がすごく伸びてた。
内海:1回表マウンドにはWBC候補の内海。初っ端から先頭の松本に粘られてツーベースを打たれる。
ピンチを作るも大二郎をファーストゲッツーに打ち取り0点に抑える。
2回も0点に打ち取る。
今日は球が高かった。球速も思ったほど出ていない。WBC用のボール使ってたのもあるかな。
山口:一言で言うと素晴らしい投球だった。本人はまだ納得していないってインタビューで言ってたけど良さ気。
2回を投げて被安打は1本だったかな。
木村正:今日の目玉はなんと言ってもこの人。投げる球はすごく伸びてた。
2回を投げて被安打0、死球1というほとんど完璧な内容。
今年のショータには去年の東野みたいな形で1軍に出てきてくれたら最高だなぁ。

【野手】
大田:3打数無安打。1打席目は内海から2球を叩いてサードゴロ。2打席目は栂野から空振り三振。3打席目は会田からアウトコースいっぱいいっぱいのストレートで見逃し三振。
ん・・・ちょっと何とも言えないですね・・・
まあ初の実戦だから緊張してたのもありだろうから今日の結果は忘れて明日ですよ。
守備もイージーミスもあったけど、そのミスの忘れさせる好守備もあった。まあ普通のプレーなんだけどああいうプレーもできたのが好印象。
橋本:橋本も今日は散々だった。まあ別にヒット打てとは言わないけどね、ちょっと残念な結果ではあった。
良くも悪くもプロの洗礼っつか格の違いを浴びせられた感じ。
松本:猛打賞にはならなかったけど2安打と大活躍。1回に内海から粘りに粘ってツーベース打ったのでさらに好印象。ああいうバッティングが好きなんだよね、嫌らしく粘って最後にヒットって最高じゃないですか。
今まで巨人はそうされる側だったんだけどねw
松本と言ったら去年の1軍のデビュー戦、初打席で1塁を駆け抜ける際に右足くるぶしを剥離骨折をした。
こりゃダメだなって原監督も苦笑いしてたのを思い出した。
あれしきで怪我するって準備が足りなかった証拠だから今年はちゃんとしてもらいたい。
もうつまんないプレーで怪我ないように頼むよ。
福元:今日の試合で一番印象にプレーがこの選手がやったプレー。二死三塁でレフトへ越えようかと当たりを見事ダイビングキャッチ!
あれがなかったら試合展開も変わっていたでしょう。
打っては右中間を抜ける2点タイムリースリーベース。今日のヒーローはこの人でしょうな。
育成選手として入ってきたルーキー福元選手、年齢も決して若くない25歳。
ワンプレーワンプレーが自分の今後を左右しますからこの活躍は本当に嬉しかったことでしょう。いいアピールになったからね。
まずは支配下選手登録を!



ひむかスタジアム

緑組 000 010 1
青組 051 010 7

<先攻(緑組)>        <後攻(青組)>
1番:脇谷(二)         1番:工藤(中)
2番:加治前(右)        2番:藤村(二)
3番:亀井(中)         3番:谷(右)
4番:中井(三)         4番:小田嶋(一)
5番:坂本(遊)         5番:仲澤(三)
6番:鶴岡(捕)         6番:古城(遊)
7番:籾山(左)         7番:加藤(捕)
8番:伊集院(一)        8番:山本(左)
投手:辻内、深田、歌藤   投手:金刃、古川、上野

ひむかスタジアムでの試合はほとんど映らなかったのでさらっと。

【投手】
辻内:1回は無難なピッチングで抑えるも2回に四球死球ワイルドピッチで8番山本にレフトへ満塁ホームランを浴びる・・・2回5失点。
もっとも悪い点の取られ方・・・最悪でしょw まあ辻内らしいって言ったら辻内らしい・・・
まあ今の辻内は投げれるだけで幸せですよ、長い目で見ましょう・・・

【野手】
亀井:1打席はセカンドへの併殺打になるも2打席目、3打席目はヒットを放ち3打数2安打と好成績。
山本:去年育成選手として入ってきた22歳山本和作。和作と書いて「かずなお」と読むのに驚き。
辻内から満塁ホームラン。とにかく育成選手は結果を残さないといけないから今日は結果を残せましたね。これからもガムシャラに頑張ってもらいたいです。
中井坂本は今日は快音なし。中井は3打数2三振と何とも言い難い成績。


誤ってるところがあったらすみません。それと今日は江川さんと清原が来てた。江川さんが来てたってことは今日は珍しくうるぐすで特集あるかも・・・


関係ないけどカウンターがおかしい・・・バグってる・・・



[ 2009/02/14 16:17 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

雷神越智とビッグ大田 

巨人・越智、準備は着々「80パーセント」
http://www.sanspo.com/baseball/news/090212/bsa0902122006005-n1.htm

 昨季チーム最多の68試合に投げた巨人・越智が、フリー打撃に登板した。
 坂本と脇谷を相手に52球で安打性の当たりは4本だけ。「80パーセントぐらいは順調にきている。直球で結構押し込めたし、この時期にしてはいい」と収穫を口にした。
 大小のスライダーも投げ分けてみせた。越智は「最後にフォークボールで三振を取るための伏線にしたい」と話す。今季への準備は、着々と進んでいる。


12日の目玉はなんと言っても越智のFB登板。しかも相手は坂本。
越智vs坂本」というイケメン対決!
ストレートもシーズン中と変わらぬ勢いでフォークも投げていた。
途中、デッドボールになりそうな暴投もあったけど・・・w
まあそこも越智らしいと言ったら越智らしいw シーズン中は無いように頼むよ^^;

越智

去年はチームトップの登板数の68試合も投げたから今年は大丈夫かな?と心配していた。
要するに「2年目のジンクス」っていうのが怖かった。
まだ現時点ではそういうのは判断できないけれども無事なことを祈る。

それと実況のアナウンサーは雷神雷神言ってて面白かったw
早く山口とのコンビの「風神雷神」を定着させたいのかな?w


巨人・大田、「5番・三塁」での先発に闘志
http://www.sanspo.com/baseball/news/090212/bsa0902122054006-n1.htm

 巨人の原監督が14日の紅白戦の先発メンバーを明らかにした。注目の新人、大田(神奈川・東海大相模高)は「5番・三塁」で出場するという。
 WBC日本代表候補の内海が、相手チームで先発予定。大田は内海との対戦に「球界でも名の通った左腕だけど、くるのはボール。名前負けせず、きた球を打つことだけ考えて、打席に立ちたい」と闘志を燃やした。


考えてみればもう明日が紅白戦かぁ・・・早いもんだなぁ。時が経つのは早いってことを実感しました。
ここで結果出せばオープン戦にも1軍帯同できるから結構大事な試合ですね。

開幕1軍はまだ気が早いけど、この紅白戦とオープン戦で結果出してほしいです。

大田

右の画像はちょっと和んだw



[ 2009/02/13 01:47 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

宮崎キャンプ 第3クール突入! 

久しぶりにキャンプ見れた。早いようで短いようでもう今日から第3クール。

辻内がFBに登板。直球は速い、しかし相変わらず制球がいまいち。でも投げれたことが一番の収穫。(前の記事)
・木佐貫がFBに登板。球が伸びていた。(前の記事)
東野、中井、大田、藤村相手にFB登板。打球はそれぞれ差し込まれ気味。調子は良さそう。2軍の選手では東野クラスの球は前に飛ばせないっぽい。


辻内が登板しているときに一番驚いたのは注目の高さ。
伊原ヘッドコーチ、篠塚コーチ、村田コーチ、緒方コーチ、川口臨時コーチなどの首脳陣、それに阿部が終始ずっと辻内の投球を見ていた。なんて言ってたかは分からないけど何かアドバイスをしていた。

ただ荒れに荒れていてストライクがほとんど入らない・・・5球に一回は本当に素晴らしい球がズバッっと行くのだがそれ以外の球がほとんどボールに。
これはフリーバッティングにならないね・・・鶴岡さん、実松さんに申し訳ないって感じですw
まあポジションが捕手相手に投げたから後でいろいろと指摘されたから辻内に関しては収穫がありましたね。

辻内に関しての想いは同じことを何回も言うことになりそうなので前の記事を貼っておきます。大体言いたいことはこちらに書いてありますんで。
(前の記事 → THE FAST BALL② )



東野については直球の伸びが凄い、スライダーもキレキレ。大田のバットも粉砕。
ほとんど前に打球飛ばさす、東野すごすぎるw
まあ2軍の選手を相手にしたってのもあるけど圧巻でした。
とにかく球威が素晴らしかった。

東野
大田にプロの洗礼を浴びせる東野。大田をキリキリマイ!

\絶対打ち取るぜ!!!/
東野、大田
                                しょぼ~ん・・・


明暗が分かれた対決でもありました。
二人には将来のジャイアンツを背負って立つ選手になってほしいですね。
エースが本格右腕ってやっぱりかっこいいしw

まあ今の時期は投手のほうが仕上がりが早いとされていますから今度対決したらどんな結果になるか分からないけど東野はすごかった。

あんなの打てるわけないって感じだったし。




最後に一言・・・実況のアナウンサーうざかった^^;




[ 2009/02/12 01:12 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

あの外国人選手は、今 

グライシンガー
グライ、ロケットスタート着々…21日紅白戦登板
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090211-OHT1T00048.htm

 巨人のセス・グライシンガー投手(33)が10日、21日の紅白戦の登板を志願した。昨季の実戦初登板は3月2日のソフトバンクとのオープン戦(ヤフーD)。開幕投手候補の助っ人右腕は、昨季より約10日早い調整でロケットスタートに備える。
 (中略)
 キャンプ休日のこの日は「ジャイアンツ・クラス」として、宮崎市立田野中学校で英語の指導を行った。交流会ではバドミントン、バスケットボール、卓球などでマルチな才能を発揮。女子生徒から黄色い声援を浴び続けたイケメン右腕は、「子供たちと身近に交流できて楽しかった」と笑顔で振り返った。


グライシンガー

ホントに学校の英語の先生みたい。僕の中学校時代も英語の授業に特別講師として外国人の先生が来てたのを思い出しました。
その都度先生は変わっていましたが本当にどれもユーモアがあって楽しい先生ばかりでした^^

しかし生徒たち羨ましすぎるなぁw プロ野球選手に直に合えてしかも英語の授業を受けれるなんて羨ましい。

それにしてもグライシンガーイケメンすぎるなぁ~、ハリウッドのトップ俳優みたい。


バーンサイド
そしてバーンサイドも別の中学校にて講義
バーンサイド
母国のオーストラリアについて講義。

オーストラリアには行ったことないけどオーストラリアの世界地図ってオーストラリアでは日本とは真っ逆さまらしいね。
要は南半球のオーストラリアが地図の上に来るらしい。

小学校だか中学校だか忘れたけど学校で実際に見せられた。ちょっと驚いた記憶があるw


ラミレス
巨人・ラミレス“ひょっとこ祭り”にご満悦
http://www.sanspo.com/baseball/news/090211/bsa0902110505002-n1.htm

 ラミレスはオフとなったこの日、宮崎市立大塚中学校を訪問。生徒から新たなパフォーマンスの提案を受けた。毎年夏に宮崎市内で行われる「ひょっとこ祭り」を参考にしたもので、両手、片方の足を上げながら、リズミカルに踊るもの。「非常に良かった。将来、自分のパフォーマンスに加えられればいいね」と喜んだ。8日に宮崎学園高の茶道部に指導された“茶道パフォーマンス”も加え、「オープン戦終盤で完成形を披露するよ」と話した。 (スポーツ報知)


ラミレス

去年と同様に早速新パフォーマンスの提供が来ましたねw
去年もどこかの中学校に訪問して似たようなことやってました。
前は小島よしおの「そんなの関係ない(ねぇ)!はい、おっぱっぴー」と藤崎マーケットの「ララララライ」ってネタでしたね。

小島よしおと言ったら昨日の踊るさんま御殿に小島よしおさんがゲストで出ていてラミレスのこといじってましたね。
うろ覚えですが、「僕のネタをラミレスが僕のネタをやってるから子供とかに「あーラミレスのネタやってる人だぁー」って言われるんですよ(笑) まるで僕がパクったみたいじゃないですか(笑)」
って感じで言ってました。見ておいてよかったです。

だいぶ話がそれましたが今年のパフォーマンスは何になるんでしょうかね?
織田裕二のモノマネの人のキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!はオリックス・小松と被っちゃうし、候補にあった髭男爵のルネサーンスになるのかな?w

期間限定っていうか1試合限定パフォーマンスは上の画像の「ひょっとこ祭り」かな?
まあ依頼されたらやるしかないでしょうからねw

そういえば8日にも茶道教室かなんかで女子高生の方に新ネタを提供されていたな
ラミレス2

茶道部の生徒が、抹茶を飲む姿を取り入れたパフォーマンスをホームランを打った際のパフォーマンスとしてラミレスにやってほしいとの提案。それに応えてラミレスは生徒の動きに併せての新パフォーマンスを披露。

ラミレス3
オープン戦か公式戦かは分かりませんが第1号ホームラン打ったときにこのパフォーマンスをやるらしい。
試合で初めて見る人は何やってるか分からないかもしれませんがw


クルーン
クルーン、第3クール中にフリー登板希望
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090211-OHT1T00050.htm

 巨人のマーク・クルーン投手(35)が10日、休日返上でキャッチボールと遠投を行った。「肩を休ませたくなかった」と宿舎近くで約20分の調整。ここまで順調なメニューを消化してきた守護神は、第3クール中のフリー打撃登板を希望した。
 感触を確かめるように右腕を振る。キャッチボールでは習得を目指しているツーシームを試投。遠投については「腕の筋肉を使うことを意識して投げた」と振り返ったが、新球種の手応えには「寒いからあまり良くなかったね」と苦笑いを浮かべた。
 今キャンプでは昨季より早い第1クールにブルペン入り。「あしたの調子とその時の天気次第だけど、次の休み(16日)までには投げたい」。11日からの第3クールでは次のステップとなるフリー打撃登板に意欲を見せた。


クルーン

すごい綺麗ですね、雲一つないですね。日本じゃないみたいw
クルーンも茶道やったんだよね。

今年もマイケルの守護神の座を渡さないようにしっかりと頑張ってもらいたいです。
去年は40セーブもしたんですからね、後半は劇場になることも多かったですけどそれはメンタル面がほとんどだと思いますからちゃんとしてもらいたいです。
寿命が縮んじゃうよw
もう二度と対ヤクルト戦の無死満塁は見たくないwww 結果的に抑えたからいいけどw


イ・スンヨプ
スンヨプ
記事の露出機会は少ないですけど、ちゃんとこの人も茶道教室に出ていました。

今年こそは頑張ってくれよぉ(・∀・)



[ 2009/02/11 07:46 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

野間口がブログデビュー! 

野間口貴彦オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/noma33/

巨人の選手でアメブロは初ですね、ちょっと嬉しい。


[ 2009/02/10 17:36 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

THE FAST BALL② 

[維新の若武者 大田だけじゃない](7)豪球戻った怪物・辻内
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090209-OHT1T00044.htm

 新旧“ドラ1”対決が実現した。巨人の辻内崇伸投手(21)が8日、ひむかスタジアムでフリー打撃に登板。大田泰示内野手(18)をヒット性の当たりわずか2本に抑えて圧勝した。07年に左ひじ手術を受けるなど苦労を重ねた05年高校生ドラフト1巡目左腕が、原監督の前で黄金ルーキーを粉砕。1軍定着を猛アピールした。

 水を得た魚のように、辻内がマウンドで躍動した。今キャンプのブルペンで試行錯誤していた姿はなく、ワインドアップから力のある球を次々と投げ込んだ。「ブルペンよりもマウンドに上がった時のほうがまとまっているねえ」と原監督を感心させる大変身で、実戦派を印象づけた。

 先輩の貫禄を見せつけた。フリー打撃登板で実現した、注目の新旧大物ルーキー対決。大田への29球のうち、ヒット性の当たりは2本と後輩をねじ伏せた。「やっぱり(大田は)威圧感はありましたね。でもボール、ボールというふうにはならなかったので、打撃投手は務まったかな」と充実した表情だった。

 希望の光が見えてきた。プロ入り後は苦難の連続。注目された06年の1年目はイースタンで13登板しただけ。07年4月に左ひじ関節内側側副じん帯の再建手術を受けた。その後は08年まで1軍どころか2軍の公式戦でさえ投げられず、「他の投手が投げているのを見ると、うらやましかった」。悔しい日々を3年間過ごしたが、今キャンプは順調にメニューを消化している。

 この日までに4度ブルペン入りして、尾花投手総合コーチと二人三脚でフォーム修正に取り組んできた。「テーマ? フォームのバランスですね。しっかり体を使って投げられるよう意識しています。感覚的には徐々につかみつつあります」大阪桐蔭高時代に最速156キロを計測した球威を取り戻そうと必死に流した汗が、結果に結びつこうとしている。

 昨年はC班スタートで投げることさえできなかった。復活への第一歩が素直にうれしい。「自分としては楽しく投げられました。でも満足せず、これからもやっていきたい。どんどん投げて、投げる体力をしっかりつけないといけない」プロ4年目の今年こそ1軍初登板を果たし、輝きを取り戻す。


辻内

第一印象はやっと帰ってきたか・・・って気持ち。
もうホント練習できるだけで幸せでしょうね。

なんか練習しているっていうか動いているのを見るだけでちょっと感慨深くなってしまったw

マジで今年は頼むよ、怪我だけは!怪我だけでは絶対にしないようにね、これはすべての選手に言えること。
今年の1軍デビューは分からないけどまずはファームでいっぱい投げることですね、当たり前だけど。

剛速球左腕ってかなり魅力を感じるし、せっかく黄金ルーキーとして入団したんだから将来的には是が非でも1軍で活躍してもらわないとね。素材的にはエースになれるだけの力はありますからね。
このまま「壊れた」って言われたまま終わるのは悔しいしね。

本当に頼むぞ!



[ 2009/02/10 05:24 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

巨人、アルフォンゾと1年契約 背番号は「13」 

巨人、アルフォンゾと1年契約 背番号13
http://www.sanspo.com/baseball/news/090209/bsa0902092026006-n1.htm

 巨人は9日、メッツなど米大リーグで通算1532安打の実績を持つエドガルド・アルフォンゾ内野手(35)=189センチ、95キロ、右投げ右打ち=の入団を発表した。宮崎キャンプで入団テストを受けていたが、1年契約の年俸3500万円プラス出来高払いで契約を結んだ。背番号は13

 宮崎市内のチーム宿舎で入団会見に臨んだアルフォンゾは「夢だった日本でのプレーが実現できる。日本で一番人気のあるチームでプレーできることを誇りに思う」と喜びに浸った。

 ベネズエラ出身のアルフォンゾは強打の内野手として2000年、メッツのワールドシリーズ進出に貢献した。06年までメジャーで12年間プレー。通算1506試合で打率2割8分4厘、146本塁打、744打点を記録している。


アルフォンゾ

背番号13っていったら去年まで林が付けていた背番号ですね、その前はペタジーニだったかな。
アルフォンゾはメジャー時代も背番号13付けていたからちょうどピッタリですね。

でも13って数字は向こうでは不吉とされる数字だけどあんまり関係ないのかな?
まあヤンキースのA・ロッドとかも13だし、むしろ好んで付けている選手も多いかもね。

とりあえず入団おめでとう!

アルフォンゾ2




[ 2009/02/09 21:45 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

THE FAST BALL 

速球復活へ!G・木佐貫、フリー打撃に登板
http://www.sanspo.com/baseball/news/090208/bsa0902082108005-n1.htm

 巨人の木佐貫がフォーム固めを目的に、フリー打撃に登板した。
 速球を復活させるため、新人王に輝いた2003年の投球フォームに戻した。テークバックがコンパクトだった昨季までと違い、左ひざを高く上げ、両腕を広げてから投げ出している。木佐貫は「真っすぐが良くならないと苦しい投球になる。なじむようにやっていきたい」と意欲的だった。


木佐貫

2003年のフォームは試合見てなかったので分からないが、やっぱり今より直球がすごかったそう。
当時の映像見てもよく分かります。
故障から復帰した2007年の成績は12勝と申し分なかったけど去年は6勝5敗と思ったような成績ではなかったんで、思い切ってフォームを戻したんだね。
それほど肩の調子がいいってことかな?

そういえばいつだか忘れたけど前に尾花ピッチングコーチが「木佐貫は斉藤和巳を超せる」って感じのことを言ってた気がする。なんて言ったのかは忘れたけどw

あ、書いてて思い出したんだけど、たしかG+の名場面集で2003年の木佐貫が映ってたな、15奪三振ぐらいした試合だっけ?そのときの直球は本当に唸りを上げてた。

あの頃の魅力のある直球が復活を願う!



[ 2009/02/09 00:24 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

原監督、大田、中井に2度目の特別レッスン 

原監督、大田の顔へ投げた 内角克服トレ…「ボールの恐怖心なくせ」装着マスクとヘルメット
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090208-OHT1T00094.htm
原監督、大田、中井

 巨人・原辰徳監督(50)が7日、将来の大砲候補・大田泰示内野手(18)と中井大介内野手(19)の2人に今キャンプ2度目の特別レッスンを行った。厳しい内角攻めに負けない技術、精神力を養うためのトレーニングを1時間半にわたって実施。目標とする開幕1軍入りへ、2人がさらなるステップを踏んだ。

 原先生の授業は厳しくて温かい。左右の壁を作ることと、体の軸を回転させることがテーマだった第1回の内容を、素振りやティー打撃でおさらいすると、さっそく新しい科目に進んだ。両選手は旧室内練習場で捕手用のマスク、ヘルメットを装着。指揮官は「今日、教えることはボールに対する恐怖心をなくすことだ」と説明すると、10メートル離れた位置から、打席に立つ2人の内角高めへ投げ込んだ。

 顔面付近の球をたまらず避けようとする大田。「怖くない!」とカツを入れる監督。2人に合わせて123球を投じた指揮官は「頭の中を空っぽにして、懸命にやってますよ。みんなうまくなりたいと思ってる、目的はひとつですから」と何度もうなずいた。

 カーテンを閉め切った室内練習場に、代表取材の報道陣を4人だけ招き入れた中での猛特訓。今回は、強い気持ちを養うだけでなく、軸回転を意識しながらスイングをさらにシャープにすることで、内角球に対応できる技術の習得も狙ったものだ。

その他の関連記事
G原監督、大田に“かっぱえびせん”指導(サンスポ)


           \内角の球なんてへっちゃらだ!/
大田

去年坂本も同じ練習をしてたね。プロで通用するには内角を打てること必出条件。
内角の球を怖がってては打てませんからね。

まあ時には避けることも大事だけどね、お地蔵さんみたいに避けもしないで死球だけは勘弁だからw

でも大田はこの動画を見る限りはインコースを打つのは上手いね、この動画だけで判断するとね。
フォーム改造前の東海大相模高校時代の動画です。
もうほとんどの人はこの動画を見たことでしょうね。

東海大相模 大田泰示(3年・遊撃手)通算65号 怪物ラストアーチ


いやぁ、このフォームかっこいいな。
まあプロで通用するためにはフォーム改造は否応なしだけど、やっぱりちょっと寂しい。
今は今でかっこいいんだけどね。
まあフォームのことは今回は関係ないねw

大田
このシーン。ちょっとぶれてて見難いけど、まあ真ん中に近いけどインコースよりのボールを上手く打ってる印象がある。

こんな感じでプロでもホームラン打てるといいね。




それと関係ないけど悲しいニュースだ・・・
ヤ軍主力、A・ロッドがステロイド陽性反応
http://www.sanspo.com/mlb/news/090208/mla0902080205000-n1.htm

 米スポーツ専門誌、スポーツ・イラストレーテッドの電子版は7日、米大リーグ、ヤンキースの主力、アレックス・ロドリゲス内野手が2003年の検査で、筋肉増強作用のある2種類のステロイドに陽性反応を示したと報じた。
 同年に大リーグが実施した検査で陽性反応を示した104選手の中に、A・ロドリゲスの名前があった。


A・ロッドはメジャーリーガーで一番好きな選手だったのにステロイド疑惑・・・
やっぱり向こうの名の高い選手はみんなやってるのかな・・・?
前はバリーボンズだったね。
なんか寂しいなぁ・・・

しかし104選手って・・・



[ 2009/02/08 07:09 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(5)

宮崎キャンプ6日目 

寝ていてしまって途中からしか見てない・・・orz

・西村がやっと姿を見せ、フリーバッティングで登板
・原監督と大田、中井で密室トレーニング
・鈴木尚が怪我

それぐらいしか分からない・・・
明日はちゃんと最初から見ないとね、夜更かししすぎたw

西村については第1クールと昨日と全く中継内に姿を見せないもんだから「キャンプに来てるのか?」とか「怪我でもしたのか」と思ってしまったがちゃんと投げててよかった。
今年からは先発になるそうで、ライオンズの岸投手からカーブを伝授してもらったとか。
西村と岸が接点あったとは意外・・・(・∀・;)
プライベートではどんな話するんだろう?

それと変化球と言ったら去年にもフォークを練習してたよな、自主トレを上原としてフォークを練習してたよね、特集にもされたし。
結局諦めちゃったのかな?


原監督と大田、中井の密室トレーニングは中継で見る限りは前にもやったスイング前の予備動作(バットを一回体の前にスライドする)を入念に指導していた。


鈴木尚が怪我。まあ怪我と言うほど大袈裟ではなさそうだけどC班にて練習するらしい。
まあ鈴木らしいっちゃ鈴木らしいな・・・
長期離脱だけはやめてよw


公式によると内海、山口、東野もフリーバッティングに登板したらしいね、中継では登板しているのが映ったのかな?
フリー打撃に若手投手陣が登板~春季キャンプ
http://www.giants.jp/G/gnews/news_391127.html

 巨人軍の春季キャンプは7日、キャンプ初の土曜とあって、宮崎県総合運動公園には朝から大勢のファンが詰めかけました。この日は、内海哲也投手、山口鉄也投手らがフリーバッティングに初登板し、キャンプならではの巨人軍同士の対戦が行われました。

 ドラフト1位ルーキーの大田泰示選手は、中井大介選手と共に室内練習場で、原監督から直接、打撃指導を受けました。インコースの球のさばき方など中心に直接指導を受けたという大田選手は「教えてもらった動きをひとつ一つ確認、また意識をして練習していきたい」と話していました。


内海
内海は亀井、田中大の2選手を相手に約40球を投げた。

山口
山口は工藤と加治前を相手にキレ味のいいスライダーなど見せていた。
「感じ良く投げられましたが、逆球も結構あったで制球が課題です」と話した。

東野
東野も脇谷、阿部と対戦。
阿部のバットを2本折るなど力投を見せた東野は「少し力んでしまいましたが、ストライクの方が多かったので良かったです」と手応えを感じている様子だった。



[ 2009/02/07 15:12 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

宮崎キャンプ5日目(第2クール) 

今日は第一クールの中継と違ってB班メインの中継だった。
練習内容は今までとほとんど同じ

・今日の中継のスタートはB班から
内野の守備練習で誰かがエラーしらたら連帯責任で他の選手も罰としてその場で10回ジャンプさせられる。
・B班が練習しているひむかスタジアムにやっとセンターカメラが設置された。
・B班の選手がスライディング練習
・隠善がフリーバッティング。体ががっしりしてきたみたい
原監督が大二郎、藤村に熱血バッティング指導

内野の守備練習で誰かがエラーしらたら連帯責任で他の選手も罰としてその場で10回ジャンプさせられるっていうのはこんな感じでジャンプしています。
大田、中井

今日は結局ほとんどA班は映らなかった。B班中心でした。
こういう日もあってもいいかなw

それと大二郎と藤村が原監督にバッティング指導を受けていた。
第一クールはどっちかって言うと大田や中井に付きっ切りなイメージがあったので、こうやって他の若手選手の気持ちも察知できる原監督はすごいと思った。

スライディングの練習もあったけど大田は疲れもあったのかちょっと遅かったしスライディングが下手だった。
でも高校のときは一応50m走6秒台前半らしいから普通の調子なら良さそう。まあでもホントに6秒台前半かは分かりませんがw
それに比べて橋本はやっぱり速かったね。スライディングも上手だと思った。

大田のフリーバッティングはいつもと同じように普通のバットよりちょっと重いマスコットバットと普通のバットを使い分けてバッティングしていた。
やはり普通のバットのほうがミートは上手い感じ。
柵越えも何本かあった。

でもやっぱり大田と中井を比べると中井のほうが数枚上手だったなぁ、中井は打球が鋭かった。
何度も言ってるけどプロ1年の差かな?
まあこれからですよ


それと今日は坂本は全く映らなかったw


[ 2009/02/06 16:25 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

大田、新打撃フォームで260スイング中26発! 

原監督でチェンジ!大田、新フォームで26発
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20090205-OHT1T00028.htm

巨人のドラフト1位・大田泰示内野手(18)が4日、打撃フォーム改造に本格的に着手した。3日にエアテント内で原辰徳監督(50)から直接指導されたことをさっそく屋外で実践した。これまでは右脇を大きく開けて高い位置でバットを持って構えていたが、プロの速い球に対応するために、右ひじを締めてコンパクトな形に修正。フリー打撃、キャンプ初の居残り特打で計290スイングし、26発のサク越えを放った。

主な改造ポイントは2つある。一番大きく変わったのは、グリップの高さだ。これまでは右脇を大きく開けて、頭上でバットをクネクネさせて構えていた。大リーガーのような豪快なフォームだったが、キレのあるプロの球に差し込まれないようにするために右脇を締めることを意識するようにした。

 両手でぞうきんを絞るようなイメージでバットを持ち、左ひじと右ひじが近づきコンパクトになった。「いい感じになりました」自然とグリップの位置も肩の位置まで下がって無駄な動きがなくなり、スムーズにバットが出るようになった。

 もう一つは体重移動だ。原監督からは、タイミングを取ったときに右足の内転筋に重心を乗せて、タメをつくって打つようにジェスチャーを交えて教わった。これまでは構えたところからほとんど体重移動がないまま打っていたが、タメをつくることで、より力強さが増した。



Before                            After
大田

前の宮崎キャンプ4日目の記事にも書いたけどたしかにシンプルになっていますね。画像があると分かりやすいですね。
個人的には前のほうがダイナミックで好きでしたが、やっぱりプロの投手に通用するにはこうしたフォームにしないとプロの球に対応しにくいんだろうね。
いい感じにリラックス出来てそうだし。

しかし打撃フォーム改造仕立てでいきなりこんなにホームランを打てるのはすごいなぁw
やっぱり吸収力はすごいですね。ホントに楽しみな逸材です。


巨人・大田大改造!“ゴジラ打法”継承
http://www.sanspo.com/baseball/news/090205/bsa0902050504000-n1.htm

 このフォーム…どこかで見たことがある。そう、松井秀だ。

 「グリップ(の位置)を変えたけど、とまどいはない。意外とボールが見やすかった。タイミングの取り方は難しいけど、下(半身)で打っていけと指導されています」

 前日3日、エアテント内で原監督から密室特訓を受け、打撃フォームを“プロ仕様”に改造された。キレのあるプロの投手の球を打つには、トップの位置から最短距離でボールをたたくことが必要。コンパクトなスイングにするため、高かったグリップの位置を肩のラインに下げ、ガバッとあいていた両脇も閉じた。原教室、一夜明ければ“ゴジラ打法”だ。


松井、大田

毎回思うんだけど松井は松井、大田は大田ですから何でも松井にこじつけるのはやめていただきたい。
まあでもたしかに松井に似ていますねw

小学生時代はよく松井のフォームを真似したものでしたw
学校でよく友達と見せ合いっこしてたなぁー、どっちが上手い?みたいな感じでw

今度は大田のフォームが子供たちに真似されるようになってほしいですね。


[ 2009/02/05 17:03 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

プロ野球熱ケツ情報「選手会」 キャンプ直前のG選手に迫る 

1月31日に放送されたプロ野球熱ケツ情報です。

今回のテーマは「選手会」
nekketu01311
正直何しているかも分からない選手会について宮本さんがジャイアンツの選手にインタビューしていきます。

まず最初は坂本
nekketu01312
宮本「今日のテーマは選手会です」
坂本「何してるんですか?選手会って(笑) 分からないです。」
宮本「役割みたいなものもまだピンとこない?」
坂本「こないです、はい」

続いては鈴木尚
nekketu01313
宮本「今日は選手会ってテーマなんですけど、みんなあんまり理解していないみたいで見ている方もあまりよく分かってないと思うんですけど選手会を分かりやすく言うと?
鈴木尚「労働組合みたいなものじゃないですか」
宮本「学生さんにとったら何が分かりやすいですかね?」
鈴木尚「生徒会」
宮本「あ、じゃあ生徒会の会長が今のジャイアンツの選手でいえば阿部慎之助選手になるわけだ。さすが!わかりやすい」

おおすごいなぁ、生徒会って言われたら分かりやすいですよね。学校でありますしねw

次はその生徒会でいう会長の選手会長の阿部
nekketu01314
宮本「選手会長としての仕事は何がメインなんですか?」
阿部「まず・・・激励会とかの挨拶
宮本「キャンプ中に選手会を集めて色々お話しするじゃないですか?選手会からの要望・球団に対しての要望だとか」
阿部「ああ、そうですね、そういうのも」
宮本「最近出ているのはどういうのがあります?昔はね、ジャイアンツ球場の階段をエスカレータにしてくれっていうのが。」
阿部「毎年出ていましたが元木さんがいなくなってなくなりました。施設とかいいですので何にも言うことないです。最近は特に何にもないです。」

意外と仕事が多いのか少ないのか分かりませんがすごいですね。まあこれ以外にもたくさんの仕事があるんだろうけど。
しかし正捕手で選手会長でキャプテンとかすごいですね、ホントに頑張ってください。

続いては選手会新副会長の内海
nekketu01315
宮本「選手会ですよ、選手会の副会長って何しています?」
内海「阿部さんのサポート・・・だと思っているんですけど、よく分かっていないです(笑)」
宮本「今年になってなんかやりましたか?」
内海「今んところはオファーないですね」

こちらも新副会長の尚成
nekketu01316
宮本「テーマは選手会なんですけど副会長としての仕事って何ですか?」
尚成「多分会長のサポートだと思っているんですけど」

その後二岡とのエピソードがダラダラあって全部書くのは大変なんで勘弁してください。

第14代選手会長(03~07)の由伸
nekketu01317
宮本「選手会がありますけどあと野手会っていうのもありますよね?」
由伸「最近あったりなかったりですかね。他には外野手会捕手会投手会があります」

そんなのがあったのは知らなかった・・・

その投手会長の久保。久保がその会長だったとは知らなかったw
nekketu01318
久保「ゴルフ場とかとるの大変です。けど賞品会に行くのが楽しいです。去年も一昨年もそうだったんですけど(賞品を)僕ひとりで全部買いに行ったり持っていたりしてたんで、そのポイント全部貯めれるじゃないですか。だけどこれはちゃんとみんなの前でちゃんと言っています。」
宮本「それは特権ですよ(笑)」
久保「ポイントだけで10万ぐらい貯まってる」

どんだけ買っているんだ・・・10万ポイントってw
すごいのー

続いてはナイスキャラでお馴染みの福田
nekketu01319
宮本「選手会の仕事って何しているか分かりますか?」
福田「選手のサポートをしてくれているんですよね。問題があったら解決してくれる。」
宮本「投手会長は誰ですか?今」
福田「投手会長はいないんじゃないですか?」
宮本「いやいや、いると思いますよ。久保選手だと思います」
福田「ああ、はいはい。そういうことっスか」
宮本「福田選手から見る投手会長の仕事は?」
福田「ゴルフの景品買ったり、罰金を集める」
宮本「福田選手の投手会での立場は?」
福田「罰金を払う人っス(笑)」

おもしろいなぁw つかいい加減今年は1軍で活躍しろよ、マジでw

続いては隠善
nekketu013110
宮本「入団したときは選手会員でしたか?」
隠善「いえ、僕は育成だったので選手会には入れなかったです」

最後はズムサタレギュラーのキムタクさん
nekketu013111
宮本「日本ハム広島巨人と3つの球団渡ってますけど選手会の組織の違いとかあります?」
木村「いや、あんまり関係ないですよ。まあ日本ハムの時は若かったんで知らなかったです。広島の時も。でも今年になっても復員を一回もやったことない(笑)」
宮本「え、じゃあ広島時代は主に誰が選手会長だったんですか?」
木村「緒方さんだとか野村さん、佐々岡さん、西山さんとかです」
宮本「ベテランから見た新選手会長は?」
木村「いいんじゃないですか、僕は一番適任だと思いますけどね」


今回のテーマは僕のコメントで書くのは難しかったので選手の言った言葉をそのまま書き写していただきました。一部省いているところもありますw



09年1月24日 プロ野球熱ケツ情報「マヨネーズ」




[ 2009/02/05 04:27 ] テレビ番組出演 | TB(0) | CM(0)

宮崎キャンプ4日目 

今日は昨日と違って晴天。
今日でキャンプ第1クールが終わり。

・小笠原がフリーバッティングにてちょっと膝の辺りを痛そうにしていた。でもその後普通にしていたから大丈夫っぽい。
・アルフォンゾのフリーバッティングに関しては前から書いている通り柔軟性のあるバッティング。それとどことなくラミレスに構えなど雰囲気が似ていた。一瞬間違えたw
元ヤクルト・ゴンザレスがブルペンにて投げ込み。
・ズムサタの宮本さんがプロ野球熱ケツ情報の取材に来ていた。中継では篠塚コーチに取材していた場面があった。
大田がバッティングフォームを矯正したっぽい。原監督からの指導を受けていたところもあったし無駄なアクションをなくしてシンプルになった感じ。直後に特大のホームランもあった。
・中井、藤村、橋本、加治前、仲澤なども映っていた。
・中畑が解説に来ていた。よく喋っていた。放送禁止用語も・・・

こんなところですね、今日は。
ゴンザレスはかなり太りすぎ、前にサンスポかどこかの記事に出てたけど10キロ以上増えたらしい。外国人枠争いは厳しいからちゃんと節制しないとダメだよ。
アルフォンゾをテストに合格すると仮定すると現状では外国人枠に入ってこれるかが疑問。
ラミレスが今年から日本人扱いなので除外すると、グライシンガーとクルーンは怪我等がない限り1軍だから残り2枠を誰が入るか。
バーンサイド、スンヨプ、ゴンザレス、アルフォンゾ辺りが争うと思うがその中から2人。
投手難もあるから2枠のうち1枠は投手になると思うからバーンサイドかゴンザレス。
残り1枠がスンヨプとアルフォンゾが競う。

つまり
バーンサイド or ゴンザレス →片方が1軍
スンヨプ or アルフォンゾ →片方が1軍

になる確率が高い。スンヨプはフリーバッティングを見る限りお世辞にも調子がいいとは思えないし。
まあ外国人選手も競わないと怠けちゃうからこういうのがいいよねw ラミレス、グライシンガー、クルーンが別格だったわけでw

大田

大田のバッティングフォームの矯正について。
素人の僕にはよく分からないが見た感じシンプルになった。今まで打つ瞬間にワンテンポっていうか余計な動きがあったからそれをなくした感じ。言葉で説明するのは難しいw
まあその指導の後すぐさまにフリーバッティングで特大ホームランを放っていたから吸収力の高さがうかがえる。
それとバットのヘッドを最短距離で出す練習も。トスバッティングでスイングする前にバットを体の前にスーっと持ってきてそれからスイングするみたいな動作もあった。

大田2


今日はこんなところです。
尚、明日は休養日で練習はありませんので中継はありません。
早く実戦が見たいですねー


[ 2009/02/04 15:26 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

宮崎キャンプ3日目 

今日は雨天のため合同で木の花ドームにて室内練習

辻内が投内連携(守備練習)で投げてた。
今日初めてテスト生・ロメロを見た。バント練習。
・アルフォンゾ、ノックを受けててなかなか軽快な動き。守備範囲についてはまだ分からないけど、グラブ捌きは結構よかった。
・B班でも2手に分かれていたのか東野、越智が見当たらなかった。
・大田に関しては今日は中継の中ではノックの守備練習だけ。エラーしちゃったときもある。打撃練習は撮影が禁止になっていたらしい。
・内海と山口がWBCボールでキャッチボール
・グライシンガー、クルーンがブルペンにて投げ込み。クルーンの球は相変わらず速かった。
・大田、中井がファンに節分の豆まき。詳細は→ こちら


まず辻内の場合練習していること自体に感動してしまったよw 辻内に失礼だけどw
怪我等で全く投げられない状態だったからねー、ホントに嬉しいよ。
今日の投内連携はマウンドからホームまで投げてバント性の当たりをサードに投げたりして処理する練習でした。
まあ相変わらずと言っていいのかやっぱり辻内はコントロールが悪いですねw
普通に投げるだけでも高めにいってたりするしw
まあこれからですね、せっかくの逸材だからもう怪我するのだけは勘弁!
今年はまず2軍で数多く投げることですね、マジ頑張れ


それとアルフォンゾの他にもう一人テスト生・ロメロに関して。
他の方のブログの情報だと昨日もちょっと映ってたらしいのだけど見逃してしまった^^;
第一感想なんといっても背が高いw
現巨人の選手の中で一番背が高いんじゃないかな?
たしか193cmだとか。グライシンガーとかバーンサイドは190cmあったかな?
それよりもちょっと高い。
正直バーンサイドに間違えるくらい似てる。
ロメロのピッチング練習は今日はなかったけどバント練習をしてた。そのバントの構えもバーンサイドに似てる感じ。
構えが悪いだけで実は上手いんじゃないか?と思ってみてたらやっぱり下手だったw
まあ彼は24歳らしいからこれからですよ。


↓それとマイケル中村がWBCのオーストラリア代表を成績に辞退したことが明らかになったらしい。
巨人のM・中村がWBC豪代表を辞退
http://www.sanspo.com/baseball/news/090203/bsa0902031851003-n1.htm

それとマイケル中村といえば今日キャンプ中継内での選手紹介みたいなので「中村マイケル」と表示されててちょっと笑ってしまったw


[ 2009/02/03 19:46 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

宮崎キャンプ2日目 

録画したのを早送りでざっと気になるところだけ見た。
とりあえず阿部のインタビューが長かったわい

・坂本はフリーバッティングでは昨日の軽打中心から今日は引っ張りの飛距離重視で。柵越えも何本もあった。
・アルフォンゾはフリーバッティングでは引っ張ることをほとんどせず、センター方向から逆方向へのバッティング重視。なかなかシュアなバッティングでいろいろと対応できそう。柔軟性がある
・小笠原はフリーバッティングではいつも通り広角に軽く打ち分けてる。
・新加入の工藤の外野の守備範囲の広さ
今日のB班は大田だけでなく他の若手も比較的たくさん映ってた。(中井、藤村、橋本、田中大、加治前、仲澤など)
・投手陣、ブルペンで投げ込み

大田

こんなところですね。
今日のピックアップは昨日と比べてB班の若手選手がいっぱい映ったことですね。
特に中井。鋭い当たりがたくさんあったし、今日見た感じでは大田よりは調子良い。
プロの1年の差の大きさがよく分かった。

それと「大田と中井」、「藤村と橋本」と似たもの同士って言ったら失礼だけどタイプ的には似てる打者同士がペアを組んでやってるのは良いと思った。
似たもの同士ってことは自然とプロではポジションを争うライバルになるからこうやってお互い切磋琢磨できるのがいいですね。
「あいつが打ったんなら俺も打つ!」って感じで負けてられないって感情も自然と出るだろうし。

大田はフリーバッティングのあと原監督に直接指導を受けていたみたいで、肩を下げろ?って言っているような感じの仕草だった。


それとやっぱりB班は活気が合っていいですね、A班はA班で黙々とやってていいけどB班は見てて楽しくなる。
特に投手陣が投球していたブルペンが最後のほうに映ってたけどズラーっと横一線にみんな並んでてすごい形相で投げまくってたしw かっこいいw


それと気になるアルフォンゾ。フリーバッティングを見た感じ逆方向への打球がよく伸びるね。
柔軟性もあって引っ張り専門じゃないからチームバッティングへの意識の強さがよく分かります。
それと中継では守備練習は映ってなかったけど各スポーツ紙を見れば順応性も高いみたいだし結構好感触。
このアルフォンゾもラミレスとペアを組んでラミちゃんからヘルメットを借りたりと結構お茶目な場面もあったw
2人は幼馴染だそうね。


坂本に関しては飛距離が伸びたね。外野フライかなぁって感じの打球も見る見る伸びてきてスタンドインしてたし。
背番号6を付けたことでちょっと風格も出てきたしw

坂本、大田

爽やかですねー



[ 2009/02/02 16:24 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。