スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年を振り返って 

今年もあと10時間足らずで終わりですね。

僕がこのブログを立ち上げてから4ヶ月以上経ちました。
更新できない日もありましたけど、自分なりにはたくさん更新できたと思います。

来年2009年も巨人の優勝を願って日々更新できるように頑張りたいと思います。

今年このブログを拝見してくださった皆様ありがとうございました。
そして来年もよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
[ 2008/12/31 14:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

巨人ファンになったきっかけ 

巨人ファンになったきっかけ。
当時小学生で親父が松井ファンということもあったからかな。
親がよく巨人戦を見てたのをごくたま~に横から見てたって感じです。
でも当時は野球中継が大嫌いで嫌でした。見たい番組も放送で潰れたり、延長のせいでなかなか時間通りに見ることが出来なかったからね。でも松井は好きだった。
僕と同じぐらいの世代の子は大体こんな理由だと思う。

松井もヤンキースに移籍し、当時小学生ありながらちょっとショックではあった。
それで大の松井ファンの親父も巨人戦をあんまり見なくなった。BSでヤンキース戦をよく見てた。

それでしばらく経ち、2004年や2005年。巨人ファンの中では暗黒期とも言われてる時期。
巨人ファンではなかったが、ただなんとなく見てた試合もあった。勝ち負けとかどうでもよかった。
たしかローズとか小久保、ペタジーニとかいましたね。
応援はしてなかったけど、テレビで放送してたら見ていた。でも放送延長はうざかった。

この頃は弱かったけど、いろんなテレビ局で放送し、延長してくれてましたね。今これだけ放送してくれるといいのに・・・


それで僕が本格的に巨人戦を見始めたのは2007年からですね。
当時はまだファンというわけではなくただ贔屓してただけって感じです。
ホントは2006年の序盤もWBCの影響で見てたんですがなんせ途中から暗黒まっしぐらでしたので情けないことにこの年はダウンしちゃいまた。
当時は中学3年生でしたね、ある意味それで受験勉強に専念できたから今になってみればよかったかな?^^;
本題に戻すと巨人戦見始めたのは2007年からなんですが、当時はCSのプロ野球セットに加入してなかったのでなかなか地上波でしか巨人戦を見ることができませんでしたね。
本格的に巨人戦を見始めたと言っても当時はまだニワカでしたのでそんなに勝ち負け気にせずに純粋に野球を見てた感覚ですね。もちろん巨人が勝てば嬉しかったですがw

たまにの野球中継で放送延長もなかったのでいい流れの試合も見ることができなくて残念なときもあったなぁ。
だから携帯野球速報で見て一喜一憂してましたね、たまに敵チームに打たれて携帯を叩きつけたくなったときもあってたりして、気づけばどんどんジャイアンツに熱狂してきました

交流戦もあって久しぶりの地上波でソフトバンク戦が地上波放送されたときは今でも覚えています。
そうです、あの3点差のビハインドのときの矢野の代打逆転満塁ホームランの日です。
たしかあのときはツーベース打ってくれぇと願いつつ見てたのは鮮明に覚えてる。
それでドカーンとホームラン打っちゃってマジでビビりましたね。それで生まれて初めて野球中継で「よっしゃぁあああああ」と吼えてしまいましたね。
これで完全に巨人ファンになっちゃった感じです。

その後優勝争いで東京ドームで巨人阪神戦の3連戦の試合ですね。
それら試合をフルで見るためについにCS放送のG+に加入することになった。
たしかその試合は門倉の初勝利の試合だったな。

それから東京ドームでの試合は時間があるときは見るようになった。
優勝を大きく決めるという試合(脇谷ホームランの試合)もテレビに食い入るように見てました。
後日優勝決定試合もサヨナラで優勝を決めた瞬間なんて凄く興奮しましたよ。
それで生まれて初めてテレビだけどリアルタイムで巨人の胴上げを見ることができた。

年を越し2008年になり、巨人熱も冷めないまま宮崎キャンプを見るためにG+を契約しなおした。
(東京ドームだけでの試合には物足りなかったので全試合見れるようちょっと高いけどプロ野球セットに加入。)
家にいないときは録画しておいてあとで見たりしてました。新戦力のラミちゃん、グラシン、クルーンも見たかったし、B班の若手の活躍も見たかったからね。
すっかり熱狂的なファンになってしまった^^;

2008年シーズンは序盤弱かったけど、いろいろと見ごたえある試合も多かったので2006年みたいに挫折することはなかった。
なにせ巨人に熱狂してたからね。大してファンではなかった2006年とは違う。

結果優勝し、CSも勝ち上がり日本シリーズ。結果負けたけどすごく充実した1年だった。
巨人漬けな1年でしたね。

そんな形でこの熱狂的なファンを一人作り出しちゃいましたねw
ブログ始めたのもそんな感じです。

余計な話もあったけどこれが僕が巨人ファンになったきっかけかな。


P.S
大の松井ファンの親父も松井がいなくなったから巨人ファンやめたかと思ってたがそうではなかった。
特に今シーズン優勝争いの真っ只中の終盤は毎日試合結果をチェックし、優勝を決めた暁にはすごく喜んでいた。
クライマックスシリーズ・日本シリーズも仕事を早く終わらせて帰って来て中継見たりで毎試合見てて内心嬉しかった。


[ 2008/12/30 08:28 ] ジャイアンツ特集 | TB(0) | CM(0)

プロ野球熱ケツ情報が日テレG+に! 

「ズムサタ」の人気コーナー「プロ野球熱ケツ情報」が日テレG+で放送~1月8日スタート
http://www.giants.jp/G/gnews/news_391065.html

 日本テレビ系列で毎週土曜朝放送の情報番組「ズームイン!!サタデー」の人気コーナー「プロ野球熱ケツ情報」が、来年1月8日(木)から「日テレG+」でも放映されることが決まりました。

 時間の都合上、地上波放送で紹介しきれなかったあのネタこのネタが満載の番組は、毎週木曜日に放送内容が更新され、同金曜日と同日曜日~火曜日は木曜日の再放送となります。

 普段は見られないG戦士の素顔を見ることができるため、ジャイアンツファン必見です。どうぞお楽しみに!

◆日テレG+「プロ野球熱ケツ情報」

放送局 : 日テレG+
放送日時: 2009年1月8日(木)から毎週木・金・日・月・火曜日
        <木曜日> 17時45分~18時15分
        <金曜日> 28時15分~28時45分(木曜日の再放送)
        <日曜日> 28時15分~28時45分( 同上 )
        <月曜日>  5時30分~ 6時00分( 同上 )
        <火曜日> 21時30分~22時00分( 同上 )

※シーズン中などは放送時間が変更になることがございます。詳しくはG+ホームページでご確認ください。こちらから。



うぉおおお、G+頑張るなぁ~
いつも土曜日の7時台にやるので寝てて見るの忘れたときもあるのでこうやって再放送してくれるのは嬉しい。
しかもG+では地上波よりロングバージョン!すげぇーわ
しかし再放送する時間帯がいろいろと突っ込みどころ満載だなぁw
早朝すぎるだろ・・・

特に来年は注目の大物ルーキーの大田泰示君が個人的にたくさん見たいですね。
来年も1月からジャイアンツ漬けの日々が始まりそうですねw

楽しみだー


[ 2008/12/29 22:01 ] テレビ番組出演 | TB(0) | CM(0)

メークレジェンドへのキセキ(3、4月編) 

前に予告(前の記事)したとおり“メークレジェンドのキセキ”の執筆を始めていこうと思う。
あくまでも自己満足に書いただけなんでガキの書いた文章として読んでくださいね^^;
まずは3、4月編からです。

メークレジェンドへのキセキ(3、4月編)

今シーズンはプロ野球史に残る激戦が繰り広げられた2008年。我がジャイアンツはメークレジェンドとなる劇的な逆転優勝をした。2007年シーズンに続き2連覇となった。昨年辛酸を舐めたクライマックスシリーズも順調に勝ち進み、見事6年ぶりとなる埼玉西武ライオンズとの日本シリーズとなった。
結果はライオンズに日本一を明け渡すことになったが7試合全て見ごたえのある試合で個人的には大満足なシーズンだった。
来年に再び「日本一奪回」という課題は出来たが、来季への楽しみが増えたという意味ではよかったと思う。

そんなシーズンを振り返ってみようと思う。

3月。ちょうどオープン戦が始まったと頃だ。再び日本一奪回へ向けて発進した春。
ヤクルトと契約の切れた前年最多勝投手のセス・グライシンガー、元ヤクルトの右の強打者アレックス・ラミレス、元横浜の抑えマーク・クルーンと新外国人選手の補強し、前年度の戦力にならに上乗せし、オープン戦へ出陣した。

(正直自分はこのラミレスの補強には否定的だった。先発不足だからグライシンガー、上原が先発になるので抑えのクルーンの獲得はまだよかった。だがラミレスの補強はないだろ・・・と
しかしそんな考え方をしていた自分が愚かだと気づいたのはシーズンが始まってからだった。)

主力選手の調整遅れからオープン戦は2勝10敗の最下位となった。
こんな状態で大丈夫なのか?と思いつつまあシーズンはいれば大丈夫だろう、と楽観的な気持ちで3月28日開幕戦(対ヤクルト・神宮球場)へ挑んだ。

が、そんな気持ちを微塵にも切り裂いて、球団ワーストの開幕5連敗・・・と絶望的なスタートであった。
正直自分は開幕3連敗した時点で呆れた。
しかし、4戦目となる東京ドーム開幕戦の先発は前年抑えとして優勝に大きく貢献した上原。
今シーズンから再び先発として起用された
この試合勝てばまだ戦える、上原頼む!という気持ちで見ていた。

しかし結果は負け、次の試合も負け。

その開幕5連敗で3連敗のときと違ってもはや優勝は諦めた。

それでどん底の気持ちで挑んだ、6戦目。
案の定序盤まで相手の中日のリード。
ふざけんな!いい加減勝て!この補強のツケが来たか・・・と考えていた。
そこへ終盤の7回。今でも記憶に残る、高橋由・亀井・小笠原の3者連続ホームランで一挙に逆転。
この瞬間何度もガッツポーズを繰り返した。
新守護神のクルーンが抑え、今シーズン初勝利。
この瞬間自宅でテレビで見ていた俺でもしびれた。

「今年のジャイアンツ何か起こすかもしれない」

正直感動した。これが今年のジャイアンツの戦い方なんだって。

この劇的な勝利で一筋の光が見えたような気がし、
「ジャイアンツはきっと上がって来る」という希望をほんの少しだけ抱けた。


が、しかし開幕10試合で2勝7敗1分とBクラスに低迷。

対極的に阪神・中日は開幕5連勝の好スタートを切っていた。
強いなぁー、なんとかAクラスに残れるようにしてくれよ・・・と思いながら過ごしていた。

この最悪な開幕10試合の間にも印象的な試合が先ほどの中日戦の他にもう一つある。
4月5日の阪神戦だ。
この日は今シーズンの開幕からスタメンで起用されてきた坂本のプロ初ホームランとなる満塁ホームランが出たことだ。
「この選手は何か持ってる」
と感じた。プロ初ホームランが満塁弾なんてなかなか出来るものではないだろうからね
正直この時期の希望は坂本の活躍だけだった。

なんだかんだで幸いなことにチーム状況が上向きになってきた。
下位の横浜、ヤクルトに3連戦勝ち越したりしてやっと勢いがついて来て、ノリノリなときに不運なことに阪神戦。チャンスと思うべきだが、このときは下位チームに勝って1日でも早く借金をなくしたかったので運がなかった。結局1勝2敗。
調子に波があって、勝ち始めると上位のチームと当たり負け越し。かなりの悪循環だった。

チームの状況とリンクしていくようにチーム内のスンヨプ、上原、二岡などの主力選手も故障、不調などで離脱していった。

だがチームの低迷を重く見た原監督は4月半ばから主力メンバーを出し続けて復調を待つ戦略から、1軍の一部基幹メンバーを除いて、1・2軍の調子が良好な選手を使う戦略への転換を試みた。主力の不調選手に代わり続々と2軍の若手、中堅選手を1軍に上げて、1軍と2軍の間で調子の良い選手と悪い選手の入れ替えを活発化させ始めたのである。

俺は今年は育成の年だな、と割り切った。本当だったらこんなチーム状況だったら応援するのはやめちゃう俺でしたが、なんで試合を見ていたかというと若手の成長という希望があったから辛うじて見ることが出来ていた。

なんだかんだで少し盛り返して4月終了の時点で12勝15敗1分と借金3。
だが対照的に絶好調の阪神は19勝7敗1分け貯金12と雲の上の存在って感じだった。
すでのこの時点で7.5ゲーム差開いた。
もうこの段階では優勝云々というより「早くジャイアンツの野球を取り戻してくれ!」と切に願った。
あまりに大きなゲーム差で感覚が狂ったって言ってもいいのかな?
それほど序盤の阪神は強かった。

ある解説者がジャイアンツは絶対に上がって来ると連呼してたけど、内心「んな、まさか(笑)」と見ていた。ぶっちゃけのこのチーム状況でどうやってあがってくるの?
仮に上がったとしても阪神には追いつけるわけがない(笑)と思ってた。

この3月4月を総括と厳しい開幕ではあったけど、ちょっとした希望があったから応援することが出来たと思う。
今思えばこの辛さがあったからこそいろいろと考えるきっかけが出来たことで、それがシーズン終盤の快進撃に繋がったと思う。

ちなみに3、4月の印象に残ったベストシーンは
「4月3日中日戦の高橋由、亀井、小笠原の3者連続ホームラン」

ですね。

それと5月編の執筆は来年になるかもしれない。


[ 2008/12/29 04:55 ] ジャイアンツ特集 | TB(0) | CM(0)

中居軍VS現役巨人軍の夢の野球モノマネ対決@黒バラ 

前にも書いたとおり今さっき黒バラが放送されました。
続きは来年に持ち越しって感じですw

今日やった内容を思い出しながら書いていきます。
先週の続きで今回は本題の野球モノマネをしました。

『中井正広のブラックバラエティ』
中居軍VS現役巨人軍の夢の野球モノマネ対決はまだまだ続行中!!
先行中居軍・後攻現役巨人軍で交互にモノマネを披露。 極上すき焼きを賭けた大盛り上がりの対決はいつまで続くのか…。


最初は中居君が中日OBの谷沢選手のバッティングフォームをマネから始まり、仁志、石井一久などのモノマネをした。

ジャイアンツの選手に攻守交替され、まずは先頭バッターのキムタクが広島OBの衣笠選手のマネ(結構古いので最初は誰も分からなかった。ちょっとオーバーな感じw)

それで次は山口が王さんのマネすることになってバッティングフォームをマネ(一本足打法で口までマネしてるw)した。かなりおかしかくて、亀井に何回も突っ込まれ繰り返しマネすることになった。

内海は由伸のマネ(これはすぐに分かった)をしました。

そしてまた攻守交替し、中居君が元巨人近鉄の淡口選手の真似しキムタク(スイングの速さで分かったらしい)が答え、次にヤクルトの五十嵐のマネを亀井が呼び捨て(年上に呼び捨ては・・・)で答え、その次に阪神の藤川のリリーフカーでやってくる様子をマネ(マウンドを慣らしてるところとか)した。

次に坂本が中日の和田選手のマネ。これがかなり失礼なほどおかしかった(オーバーにやりすぎw)けどかなり特徴をつかんでいた。

で、今回一番傑作だったのが亀井の同じゲストで呼ばれてる阿部のマネw
打ってから走る姿が凄く似てたw そこを阿部に突っ込まれ「いい度胸してるな(笑)」と言われ「すみませんすみません」って言ってる亀井が面白かったw

まとめ
中居→谷沢、仁志、石井一久、淡口、五十嵐、藤川
キムタク→衣笠
山口→王
内海→高橋由
坂本→和田
亀井→阿部
だったかな?w

それで今回は終わりです。思い出したことをそのまんま書き殴って書いた文なんで日本語おかしいところが多いかもしれませんがご了承ください。

続きはまた来年!



[ 2008/12/29 00:23 ] テレビ番組出演 | TB(0) | CM(0)

高橋尚が1月1日に新春特番「関口宏の東京フレンドパーク2」に出演! 

高橋尚投手が「関口宏の東京フレンドパーク2」新春特番に出演~1月1日
http://www.giants.jp/G/gnews/news_391063.html

 新年1月1日のTBSテレビ系で放送の「関口宏の東京フレンドパーク2 新春特別開園トップアスリート軍団緊急大集結!番組初のチーム対抗戦SP」に高橋尚成投手が出演します。
 
 高橋投手は、OBの槙原寛己さんや横浜ベイスターズの工藤公康投手、村田修一選手らと「プロ野球チーム」を結成。飛んだり投げたり走ったりと番組おなじみの各ゲームに挑戦します。さて結果は!?

◆関口宏の東京フレンドパーク2
 新春特別開園トップアスリート軍団緊急大集結!番組初のチーム対抗戦SP

 放送局 : TBSテレビ系列
 放送日時: 2009年1月1日(木) 18時20分~23時03分



んー、日にちが問題だなぁ・・・
この日は他にも見たい番組はたくさんあるしなぁ・・・
なんとか都合つけて見てみるか(´・ω・`)

ちなみに黒バラは3週に分けてあるらしい。先週と今日と来週(来年)に。


[ 2008/12/28 18:35 ] テレビ番組出演 | TB(0) | CM(0)

今日、先週に引き続き黒バラにG戦士7人が出演! 

あ、黒バラって中井正広のブラックバラエティのことね、誰でも知ってると思うけど。

ちなみに今日、日テレで夜の11時30分から放送です!(※一部地域では放送しません)
実は先週の日曜日も黒バラに出演してましたね、まあ前回のは予告って感じで本番は今日って感じです。

ゲストは
阿部、キムタク、内海、山口、坂本、脇谷、亀井です。
現役若手中心の超豪華なメンツですね!(笑)

前回のあらすじをざっと書くと小笠原がVTRで出てきて「小笠原選手のチームメイト達」って紹介されて阿部とかのゲストが登場してきて中居君がハイテンションで選手個々に山口が地味だねぇ~wと言ったり、脇谷に歯治した?とか言ってたり、坂本にボーボー?とか聞いてたりしてましたw

順番に書いていくけど、小笠原がVTRっていうのは今年のシーズン序盤にこの番組にVTRで出演したことがあって今回出るゲストを紹介したって感じですw

山口が地味って中居君に言われてたけど結構服装派手だったような気がするけどねw
脇谷が歯治せって中居君に言われてたけど歯悪いのかな?よく分からないけど。
坂本にボーボーっては下ネタですねw
そんで後日談ですが、その放送後、Yahooで「坂本勇人」と検索すると関連に「坂本勇人 ボーボー」って出てきてるw
反響ありすぎですねw今でも出てきますw

それと山本浩二さんがビデオレターがあったりして次回へ持ち越しって感じです。

それで今回は何やるって?
もちろんこの番組は中居君の番組なので何やるって恒例の野球モノマネに決まってるでしょ(笑)
つまりこの7人のジャイアンツの選手たちが野球モノマネするってことです!


楽しみですねぇ、うっかり寝ないようにしなくては(笑)

今日ですよ、今日


[ 2008/12/28 05:30 ] テレビ番組出演 | TB(0) | CM(0)

契約更改 木佐貫、1000万ダウンの4600万でサイン 

木佐貫、1000万円ダウンの4600万円でサイン
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081227-OHT1T00161.htm

 巨人の木佐貫洋投手(28)が27日、東京・大手町の球団事務所で3度目の契約更改交渉に臨み、1000万円ダウンの4600万円でサインした。これまで2度保留していたが、「納得しました」とスッキリした表情。今季は65敗と満足いく成績を残せず、優勝争いしていたシーズン終盤に2軍落ちしたことなどで、大幅なマイナス査定となった。


木佐貫投手が契約更改
http://www.giants.jp/G/gnews/news_391064.html

 木佐貫洋投手が27日、東京・大手町の球団事務所で契約更改を行いました。更改後の記者会見で木佐貫投手は「今季、チームが終盤凄い追い上げを見せているときに一軍でプレーできなかったので、自主トレもキャンプもしっかりやって、一年間乗り切れるようにしたい」と来季へ意気込みを語りました。

 木佐貫投手は昨年、先発の一角として12勝を挙げ、2002年以来のセ・リーグ制覇に貢献しながらも、今季開幕は二軍スタート。4月6日に一軍に昇格しながらも、その後は一軍と二軍を行ったりきたりするなど、6勝5敗の成績に終わりました。「先発ローテーション投手になるには一年間一軍にいてナンボ」という木佐貫は「ケガや調子を崩して一年間一軍でプレーできないということがないようにキャンプからが勝負」と並々ならぬ決意を口にしました。


木佐貫 契約更改


本来は不本意な成績だろうけど、阪神戦に3勝してるからまだいいですね。
でも来年は最低でも2桁していただかないと・・・


[ 2008/12/27 16:35 ] 2008年 契約更改 | TB(0) | CM(0)

2009年度の背番号について 

2009年度の背番号について
http://www.giants.jp/G/gnews/news_391061.html

【監督・コーチ】
勝呂壽統75
大西崇之79
岡崎郁7583

【投手】
東野峻9317
越智大祐6222
M.中村36
辻内崇伸1539
村田透3646
福田聡志2259
上野貴久3862
宮本武文65(ドラフト2)
齋藤圭祐67(ドラフト3)
歌藤達夫90
笠原将生93(ドラフト5)
杉山晃紀108(育成1)
尾藤竜一109(育成2)

【捕手】
加藤健5640

【内野手】
坂本勇人616
大田泰示55(ドラフト1)
仲澤広基56(ドラフト6)
中井大介9461
福元淳史101(育成4)
山本和作105(育成3)

【外野手】
亀井義行359
工藤隆人35
隠善智也9969
橋本到94(ドラフト4)


新しい背番号で心機一転。実力が認められ背番号が若返った選手、思うように結果残せなくて背番号が大きくなった選手、みんな来年結果残せるよう頑張ってほしい。
特に背番号が若返った選手は背番号の似合う選手になってほしいですね。

個人的に残念なのは辻内。今年は怪我やリハビリで2軍の試合にもあんまり出ていないので来年はまず2軍の試合にたくさん出ることですね。いずれは1軍で投げてもらわないと困る選手ですね。


[ 2008/12/26 18:45 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(2)

契約更改 豊田、現状維持の2億1000万&木佐貫2度目の保留 

巨人の豊田は現状維持=プロ野球・契約更改
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008122600631

 【巨人】中継ぎの豊田投手が26日、現状維持の2億1000万円でサインした。越智、山口の台頭でセットアッパーでの出番は少なくなったが、50試合と昨年より登板数は増加。「存在感を認めてもらい、ありがたく思う。いいことばかりではなかったが、最後まで投げられてよかった」と話した。2度目の交渉に臨んだ木佐貫投手は再び保留した。(金額は推定)(了)


豊田投手が契約更改
http://www.giants.jp/G/gnews/news_391060.html

 豊田清投手が26日、東京・大手町の球団事務所で契約更改を行いました。契約更改後の記者会見で豊田投手は「どんな場面でも準備して、いつでも、どこでも投げるというのを気持ちで頑張りたい」と来季への決意を語りました。
 セットアッパーとして50試合に登板した豊田投手は「気持ちを切らさずに、最後まで投げられたことは良かった。昨年出られなかった日本シリーズで、古巣(西武)とできたので、(結果は)残念でしたけど、まだ投げられるというところを見せられた」と今季を振り返り、越智大祐投手をはじめとした若手の成長やM.中村投手の加入など層の厚い中継ぎ陣については「争うというより、チームが勝つために一緒になってやっていきたい。『投げろ』『投げてくれ』と言われれば、何でもやります」とチームの勝利を優先に考えていることを明かしました。


豊田 契約更改


豊田は現状維持か。今年も貴重な中継ぎとして活躍していただきました^^v
まあちょっと脆い場面もいくつかありましたが、完璧な投手なんていませんからね。
来年も貴重な戦力として期待しています。

木佐貫の2度目の保留に関しては、自分の納得行くまで交渉せればいいと思う。
でも年を越さないうちにサインしてくれよw
今年は残念な試合もあったけど、いい結果の試合も何試合かあった。
特に阪神戦に強いので貴重な戦力だ、だからこそ来年はきっちり復活してもらいたい。
来年は最低でも2桁勝利が条件ですね。
右の生え抜きのピッチャーが少ないからマジで頼むぞ!木佐貫!



[ 2008/12/26 17:57 ] 2008年 契約更改 | TB(0) | CM(0)

“メークレジェンドへのキセキ(仮)”の執筆予定 

終わってみれば今年はすごい激動のシーズンだったですね。

 リーグ2連覇、そして5年ぶりの日本一奪回を目指した2008年の巨人。ラミレスやクルーン、グライシンガーら大型補強でペナントレースに臨んだが、前半戦は故障者が続出したこともあり、首位を走る好調な阪神とは一時13ゲームも離された。しかし、後半戦に向けて戦力を整えると、9月には1引き分けを挟んで13連勝を記録。終わってみればセ・リーグ史上初となる13ゲーム差をひっくり返す大逆転劇を演じ、リーグ2連覇を達成した。
それをある人は“メークレジェンド”と呼んだ。

そのメークレジェンドについて今度から長編のシリーズ物にしていろいろ書こうと思うわけです。
もちろん俺は作家ではないので上手に文章は書けないが、その奇跡を超えたメークレジェンドへの軌跡を半ば自己満足で長々と書いてみようと思う。

あんまり期待してもらっても困るけど、月別に書いていけたらいいと思う。
1人でもたくさんの人に今度から執筆する仮タイトルですが“メークレジェンドへのキセキ”を読んでもらえると嬉しいです。

内容は一言で言うと2008年のダイジェストを僕の言葉を交えて熱く語るって感じです。
大した代物ではないのでね。さっきも言いましたがあんまり期待しないでくださいw

まあ朝NHKでやってる連続テレビ小説の巨人版みたいな感じですw
書くのは小説ではありませんがw

暇な時に気が向いたら書くんでいつ更新するかは分かりませんが、さっきは期待するなと書くましたが乞うご期待w(矛盾?w)


[ 2008/12/26 13:06 ] ジャイアンツ特集 | TB(0) | CM(0)

メリークリスマス!そして坂本のブログ?! 

あ、みなさんメリークリスマス!

今年もそろそろ終わりが近づいて来ました、年末年始は特別やることはないですが、今年はのんびりテレビで特番見たり、勉強したりする予定ですね。

テレビと言えば明日(26日)はミュージックステーションスーパーライブ2008の4時間スペシャルですね。
最近の音楽にはあんまり興味ないですがやっぱりこの番組見ないと年は越せないですw

それと坂本勇人選手がブログやってること知ってました?
まあこれをブログって言っていいのかは分かりませんが一応オフィシャルブログだそうです。
ほとんど更新してないし、坂本の母校の光星学院野球部の宣伝みたいなブログですね。

↓こちらですw あんまり期待するようなもんじゃないですw
坂本勇人オフィシャルブログ
http://umiblo.jp/sakamoto/
坂本勇人オフィシャルブログ


[ 2008/12/25 21:14 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

WBC世界タイトルマッチ 王者内藤大助 vs 挑戦者山口真吾 

最近でWBCと言えば野球のワールドベースボールクラシックを連想しちゃうかもしれませんが、今日はボクシングのWBCの話です。まあこちらが本家ですねw

1ラウンドからずっと見てましたがやっぱり前評判どおり王者の内藤はすごかったですね、やっぱり強い!
挑戦者の山口もよくやったよ、なんといっても打たれ強かった・・・
何回もクリーンヒットしてもダウンしなかったですね、最後は力尽きてダウンしちゃったけどホントすごいファイトでした。感動しましたね。

結果は11ラウンドKOで王者の内藤が勝ったわけですけど両者ともナイスファイトでした!久しぶりに興奮させてもらいましたw

それと挑戦者の山口は仁志に似てる・・・w

内藤のインタビュー相変わらず喋り下手だなぁwまあそこがいいんだけどw


[ 2008/12/23 21:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

原監督、WBCと巨人を両立!、バーンサイド残留! 

原監督、侍ユニホームのまま巨人鍛える
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081223-OHT1T00024.htm

 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で侍ジャパンを率いる巨人・原辰徳監督(50)が22日、宮崎での合宿中も巨人のチェックを怠らない意向を示した。2月16日から始まる日本代表合宿は、巨人がキャンプを張る宮崎県総合運動公園が舞台。「どちらも大切」という指揮官は“”のユニホームを着たまま、精力的に巨人の練習を視察する。チームはこの日、ハワイ優勝旅行から帰国。内海や山口ら若手投手陣は2月1日、キャンプ初日のブルペン入りを宣言した。
 ハワイで英気を養い、原監督は精力的に二足のわらじを履きこなすことを宣言した。侍ジャパンと巨人。「(来年2月の)キャンプでは、ジャパンのユニホームを着て、巨人を指導することもあるでしょう」着替える時間も惜しい。WBC監督として代表のチームづくりに没頭する一方、合間を縫って巨人の選手を鍛える考えだ。
 「自分にとっては(WBCと巨人の)どちらも大切」という原監督。WBC合宿に移行してからも、日本一という宿題を残す巨人の調整は気になる。そこで考えているのが、両軍がキャンプ中の2月後半、“侍の総大将”として巨人にも目を配るプランだ。
 また、両軍の投手陣を、時間帯別に同じブルペンで投球練習させるメニューなども考えている。原監督は腰を据えて巨人の投球練習を見届けられるほか、Gの若手選手はJの松坂やダルビッシュら球界のエースのピッチングを生で見て参考にできるメリットがある。侍ジャパン、巨人ともに実り多いキャンプにするため、原監督は「労力の許す限り」動き回るつもりだ。


これは頼もしい限りだが体力が持つかね?すごい労力がいりそうだけど、過労で倒れないことを祈るしかないなぁ。シーズン終わってから疲れを取る時間も少なかったと思うしね。
あんまり無理せずにWBCと巨人のキャンプを両立させれほしいものですね。

それと仮にWBC思うような結果出せなかった場合、また週刊誌やらのマスコミに
「本当にWBCのことを考えているのか?!代表の練習を疎かにし、巨人のキャンプを(ry」
って感じに叩かれそうだなぁ・・・気にしすぎかな?^^;

バーンサイド残留へ
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081223-OHT1T00011.htm

 巨人のエイドリアン・バーンサイド投手(31)が来季も残留することが22日、分かった。優勝旅行に参加していた同投手と球団側がハワイで話し合い、交渉がまとまった。近日中に正式契約を結ぶ予定。
 オーストラリア代表として来日した昨年11月の星野ジャパン壮行試合(ヤフーD)での快投を評価され、巨人入り。開幕1軍こそ逃したが、リリーフから先発に転向し、53敗、防御率3.48の数字を残した。
 11月、自宅のある米国へ帰国。帰国時に「巨人に残ることができたら、オーストラリア代表は辞退して、チームの方に専念したい」と“巨人愛”をアピールしていた。念願かなっての残留。来季は先発ローテ入りを目指すことになる。


まあ残留は当たり前でしょうね。これまでの自前外国人選手と比べたらかなり優秀な部類ですからw
本職は中継ぎなんだけどチーム事情から先発でよく頑張ってくれました。

オーストラリア代表を辞退してまで巨人に専念してるなんてすごい気合の入りようですね、ぜひ来年も頑張ってもらいたいです。


[ 2008/12/23 09:47 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(1)

「NON STYLE」参加過去最多4489組の頂点…M1グランプリ 

巨人ネタがないので今日も昨日やったM1グランプリ2008のことでも書きたいと思います。

「NON STYLE」参加過去最多4489組の頂点…M1グランプリ
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081222-OHT1T00044.htm

 今年で8回目を迎えた漫才日本一を決める「M―1グランプリ2008」決勝が21日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、NON STYLEがオードリー、ナイツらを抑えて過去最多4489組の頂点に立ち、賞金1000万円を手にした。結成9年目。大阪でのレギュラー番組を捨て、今年4月に上京。昨年までの「イキリ漫才」も変えて、つかんだ栄冠に石田明(28)は「集大成を見せられた」と声を震わせ、むせび泣いた。


↓最終決戦でのネタ
M-1グランプリ2008 最終決戦 NON STYLE



正直あんまり面白くなかったけど、今年のM1の中では比較的面白かったと思う。

一応今年のM1グランプリ最初から最後まで放送を見たけど、個人的に一番面白かったのはオードリーかなぁ・・・個人的に彼らのネタが一番ツボにきました。
ただオードリーは決勝戦(1stステージ)と最終決戦のネタの選択を誤ったかな・・・?
最終決戦のネタをより決勝戦(1stステージ)でのネタのほうが面白かったと思う。


↓決勝戦(1stステージ)でのネタ
M-1グランプリ2008 オードリー 敗者復活から



まあよく頑張ったと思います。
ノンスタイルは前にどっかで見たことあるけどあんまり印象ない。
ただ単純にノンスタイルとオードリーのネタを比較せればオードリーのほうが面白かったかな・・・?と思う。
オードリーは初見ですけどw

まあ優勝おめでとう、これからは番組出演が多くだろうね。上から目線で悪いがフリートークでサンドウィッチマンを超えられるかな?w


[ 2008/12/22 08:04 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

M-1グランプリ2008 優勝はNON STYLE! 

巨人とは関係ないネタだけど、最近ネタがないので今日やったM-1のことでも書きます。

『M-1グランプリ2008』 路上漫才出身のNON STYLEが初優勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081221-00000002-oric-ent

今、日本で一番面白いコンビはNON STYLE! 結成10年以内の漫才コンビ日本一を決める
M-1グランプリ2008』の決勝戦が21日(日)、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、2000年結成、大阪のストリートで腕を磨いたNON STYLEが悲願の初優勝。
史上最多のエントリー4489組の頂点に立ち、M-1王者の称号と賞金1000万円を手に入れた。


僕もM-1見てましたけど、ノンスタイルが優勝とは以外だなぁ・・・
個人的にはオードリーが優勝かと思ったんだけど。

それとオードリーといい 去年のサンドイッチマンといい、敗者復活組が去年優勝、今年準優勝だと準決勝の審査方法がちょっとおかしいと思うんだけどなぁ・・・


[ 2008/12/21 21:05 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

GReeeeN キセキ ~坂本勇人の歩んだキセキ~ 

YouTubeで見つけた坂本勇人選手のPV(MAD)です。
BGMが最近話題のGReeeeNのキセキという曲です。
坂本選手の高校時代から巨人での活躍が載っています。

坂本が打席に入る時の登場曲がGReeeeNの『キセキ』です。
坂本勇人・右右・光星 学院高→07巨人(堂上直倫の外れクジで高卒ドラフト1巡目)07年は開幕二軍で迎え たが、イースタンリーグでは77試合に出場。途中実母の死を乗り越えて、FASにも出 場。そして1軍昇格後の9月6日、ペナントレース最後まで優勝を争った中日との落とせ ない終盤の試合で、延長12回表2点タイムリーを放ち、5時間を超える延長戦に終止符 を打った。これが坂本の初安打初打点であり、強烈な印象を残して、07年を終えた。
08年はオープン戦から出場し、開幕戦では、巨人では松井秀喜以来となる10代でのスタ メン8番・二塁で起用された。以降遊撃手として全試合出場を果たし、リーグ優勝に貢献 した。
08年成績・打率.257、本塁打8、打点43、盗塁10

正直このPVを見るまではあんまり好かないグループ、好かない曲でしたが、PV見た後は結構はまってきて好きになりましたね。

下に歌詞書きましたんでPV(MAD)見ながらでも見てください。

坂本勇人の歩んだキセキ


Greeeen キセキ

そっか・・・お母さん亡くしてるんだよね・・・自分が親を亡くしたことを考えると坂本選手は本当にすごいですね、強い子ですね。天国の坂本選手のお母さんもこの活躍を喜んでくれてるでしょうね。

それにしてもいい動画ですね、感動しましたね。
あの2007年の中日戦の延長12回2死満塁でのタイムリーがすべての原点ですね。プロ1軍初安打初打点。このタイムリーが今年試合に出てたかも分かりませんからね、もちろん坂本選手の努力がすべてを生み出したんですけど、本当に“何か”持ってるんでしょうね。
今年はいろいろ苦しいこともありましたが144試合全試合出場。すごいですね。
背番号も来年からは61から6に変更されました。
来年は今年のすべての数字をいいほうに向上できるように頑張ってほしいですね^^

更なる活躍を期待しまいます。



[ 2008/12/21 06:21 ] ジャイアンツ特集 | TB(0) | CM(0)

ゲーム メジャーWii パーフェクトクローザーが・・・ 

12月11日に発売されたゲームのメジャーWii パーフェクトクローザー
いろいろとネットで調べた結果、たくさんのバグが見つかっているそうです。

↓1つ目のバグです。YouTubeに投稿してあったので貼ります。



※見て分かるように首が反転していて、ホラー映画に出てくるようなバケモンです。

怖いですね^^;ちょっとしたグロですwww
最近のゲーム、いや僕が今までやってきたゲームでここまでバグを見たのは初めてかもしれない・・・
最新のゲームがこんな有様でどうするんだ・・・

クリスマスプレゼントで買ってもらった子供がこの映像見たらトラウマになりそう・・・逆にウケるかもしれませんがw
いろんな意味でサプライズなプレゼントになりそうですね。

↓2つ目のバグです。ニコニコ動画に投稿してあったので貼ります。(コメントがうざい場合は右下のところをクリックしてください)



※打者と審判が逆の方向を見ています。

これは返品されてもおかしくないレベルですね。いろんなゲームやってきましたがこのような現象の起こるゲームは先ほども言ったように見たことありません。

他にもいろんなバグ・問題があったようです。Amazonのレビューに載ってました。
* 明らかに早いタイミングで振らないとバットにかすりもしない
* 投手のモーションは毎回一緒
* 必殺球投げると7~8秒のミニムービーが時々入る
* フライにもかかわらずランナーが勝手に走塁
* キャラのポリゴンは64レベル、てか吾郎の左右の腕の太さがおかしい
* ストレートは投げてもスタミナが一切減らない
* 点差があっても延長戦という完全ルール無視
* 試合中1塁ベンチに打球が飛んだが、人が誰も居なかった
* 打球が異常なほど転がらない
* ゲームオーバーの時に音楽が一切流れない 効果音すらない
* どう見ても間に合わないフェンス直撃ヒットにフェンスまでぶつかっていき、
 跳ね返った球を拾いに行く外野
* 未だにボール球が出ない
* ホームランが呆れるくらいに出る 適当にやっても3イニング10本とか
* 2アウト1塁でセンター前ヒットなのに1塁ランナーが走っていない
* ライト前ヒットの打球をライトが後逸したら、ライトが全く動かなくなった→センターが必死に追いかける
* フライの捕球、足元に落ちそうなボールが、瞬間移動でミットに収まることが3回に1回くらいある
* 見た目は木製バットなのに打球音が金属バット
* いくつかの条件を満たすと、どこに転がっているボールでもキャッチャー以外拾ってくれなくなる
* 主審とバッターが時々ピッチャーに背を向けてる

むぅ・・・別に不買運動してるわけではありませんが、これは苦情が殺到してもおかしくない・・・いやもう殺到してるだろうけど完全にゲームの域を超えています。


ちなみに漫画やアニメは面白いのでオススメです。



[ 2008/12/19 04:40 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ヤクルト・由規が巨人ドラ4後輩・橋本へプロ5か条伝授 

ヤクルト・由規が巨人ドラ4後輩・橋本へプロ5か条伝授
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20081217-OHT1T00167.htm

 今季プロ1年目で2勝を挙げたヤクルトの由規投手(19)が16日、母校の宮城・仙台育英高で自主トレをスタートさせた。由規は、今秋のドラフトで巨人から4位指名された後輩の橋本到外野手(18)と約1か月ぶりに再会。プロの世界の先輩として「礼儀が大事」など“心得5か条”を伝授した。
 気になるのは巨人に4位指名された後輩・橋本。来季に向け、黙々とトレーニングを続けた2人。じっくりと談笑する時間はなかったが、由規は橋本にプロの心得を説いた。

 〈1〉「社会人としての礼儀、あいさつが大事」。「あいさつで第一印象は変わる。プロも上下関係は大切」と由規。
 〈2〉「あまり無理しない」と意外?な忠告も。「1年目は大事だけど、長くプロで続けるのも必要」とけがをしない体作りを説いた。
 〈3〉「いきなりレギュラーに―と力んだらキツい」とリラックスして自分の力を出すこと、また2軍でも学ぶことは多いと訴えた。
 〈4〉「深く考え込まないこと」
 〈5〉「いっぱい食べる」と、172センチ、68キロと小柄な橋本に増量を促した。

 後輩を思う気持ちは伝わった。「由規さんが自分のために言ってくれたこと。生かしていきたい」と橋本。「1人の人間として、しっかりやりたい。体重もまずは70キロ以上にします」とキッパリ。由規も「到も同じ世界に入る。自分も刺激を与えられます」と闘志を燃やした。

 1軍入りを目指す橋本は「来月6日の入寮まで、準備を怠らず頑張っていきます」。由規も「2勝は財産になった。課題はセットポジション。来年は1年間通して同じ(いい)投球をする」と抱負を語った。2人がライバルとして球界を沸かせる日も近い。



ああそうか、由規と橋本って同じ高校出身だったね。仙台育英ですね。
しかし由規もまだプロ2年目なのにベテランみたいなしっかりしたこと言いますねw

5か条のどれも大切なことですね。
〈1〉の「挨拶」は基本ですね、この基本が出来なきゃプロ野球というより社会ではやっていけませんから。
〈2〉の無理のしすぎもよくないですね、1年目はファームでしっくりと体作り、2軍の試合にたくさん出てプロの水に慣れることですね。
〈3〉は2軍だからこそ学べることも多いだろうし、とくにく一歩一歩成長してもらいたいです。
〈4〉は失敗を恐れずに自分らしく積極的にやって行くのがいいってことですかね?
〈5〉は体をきっちり作ってプロに対応できる怪我しにくい頑丈な体を作ってほしいです。怪我ばっかりする選手はもう嫌・・・

将来的にはこの2人の対決も見れる日が近そうですね。2人とも応援してます。
それと由規は巨人戦以外で頑張ってwなんか巨人キラーになりそうで怖いので(笑)


WBCの『4番』 

やっぱりWBCの話題となると「4番」が誰になるかが気になりますよね。
やっぱりどこの野球でも4番がしっかりしてないと勝つのは難しいので4番を誰にするかがすごく重要になると思います。
ちょっと自分なりに考えてみたいと思います。

↓ヤフーの公式に候補があったので転載しました。

 イチロー(マリナーズ)
 城島健司(マリナーズ)
 福留孝介(カブス)
 中島裕之(埼玉西武)
 松中信彦(福岡ソフトバンク)
 小笠原道大(巨人)
 栗原健太(広島)
 村田修一(横浜)

おそらくこの中から選ばれると思います。
消去法で考えてみたいと思います。

イチロー4番説は×
イチローの4番はマスコミ・メディアが喜びそうな打順ではあるけどまずないと思います。イチローは1番か3番が無難だと思います。前回大会から見ても。
城島4番説は×
城島の4番はおそらくWBCの正捕手の重責を担うことからまずないと思います。報道ステーションでは城島4番説があがっていましたがないと思います。城島は7番か8番がいいと思う。
福留4番説は△
福留の4番は微妙ですね。前回大会も準決勝の韓国戦と決勝のキューバ戦以外はからっきしダメでしたからね・・・長距離砲でもないし4番には使いづらいでしょうね。福留は3番が無難だと思う。
中島4番説は×
中島の4番はないと思う。中島は本番ではショートを守ることになると思うが、スタメンになるかすらまだ未定なので言いようがありません。まあ普通に考えれば4番はないです。打順も決めずらいですね・・・
松中4番説は◎
松中の4番は調子が良ければありですね。前回の大会でも4番を打って大活躍でしたからね。経験もたくさんありますから。守備はDHになると予想。
小笠原4番説は○
小笠原の4番はちょっと贔屓してもありだと思います。でも個人的には小笠原が5番あたりを打ってくれる余裕のある打線がいい。膝の調子が良ければ4番もありです。
まあ国際大会の経験もたくさんありますからどの打順でも小笠原はいけちゃいそうですけどw
守備位置はファーストですね。もしくはDHです。
栗原4番説は△
栗原の4番は国際大会の経験はないに等しいのでね、考えようです。北京五輪の壮行試合(日本代表vsセ・リーグ代表)では4番を打ちましたね。でもスタメンで出るかまだ決まってない選手ですので、ちょっと4番候補には入れづらい選手です。
村田4番説は◎
村田の4番は2年連続ホームラン王獲ってるだけのことがありますから妥当だと思う。北京ではからっきしでしたけど過去の成績なんて関係ありませんからね。WBCで打ってくれればそれでいいです。
一番の最有力候補ですね。

まとめると

 イチロー(マリナーズ)・・・・・×
 城島健司(マリナーズ)・・・・・×
 福留孝介(カブス)・・・・・△
 中島裕之(埼玉西武)・・・・・×
 松中信彦(福岡ソフトバンク)・・・・・◎
 小笠原道大(巨人)・・・・・○
 栗原健太(広島)・・・・・△
 村田修一(横浜)・・・・・◎


もちろん調子さえよければ誰でも4番に入るだけの経験・力はありますから、誰がなってもいいと思います。逆に調子悪ければ外れるということが前提ということを忘れてはいけないですね。
個人的には松中、小笠原、村田の中から4番が決められると思います。どの選手も4番打てるだけの実力・実績はありますから誰も文句は言わないでしょう。

最終的に決めるのは首脳陣ですが、本当に今度のWBCが楽しみで仕方ない。


[ 2008/12/17 00:21 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

WBC日本代表候補発表!、日本代表新ユニフォーム発表 

イチロー!松坂!小笠原、阿部ら34人選出!WBC日本代表候補発表!
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20081215-OHT1T00220.htm
 来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表第1次登録メンバー候補34選手が15日、発表された。

 ◆WBC代表1次登録候補メンバー
▽投手 岸、涌井(以上西)、小松(オ)、ダルビッシュ(日)、渡辺俊(ロ)、田中、岩隈(以上楽)、馬原、和田、杉内(以上ソ)、内海山口(以上巨)、藤川(神)、松坂(Rソックス)、黒田(ドジャース)、斎藤(前ドジャース)
▽捕手 細川(西)、阿部(巨)、石原(広)、城島(マリナーズ)
▽内野手 中島、片岡(以上西)、松中、川崎(以上ソ)、小笠原(巨)、栗原(広)、村田(横)、岩村(レイズ)
▽外野手 稲葉(日)、亀井(巨)、青木(ヤ)、内川(横)、イチロー(マリナーズ)、福留(カブス)



ついに1次候補ですが発表されましたね。
亀井については最終選考では選ばれないとは思いますが、合同合宿ではこの面々とやるからすごいことですね。あのイチローと一緒に練習できるんだからw
他にもメジャー組がたくさんいるしいろいろと学んできてほしいですね。

他には内海、山口、阿部、小笠原の4人ですね。阿部と小笠原は最終選考でも当確だとして、内海、山口ですね。両方とも行ってしまうのはやめてほしいですが^^;
選ばれるからには頑張ってほしいですね!
WBC楽しみだなぁ


WBC日本代表 ユニフォーム


前大会と大して変わってないようにも見えますがちょっとシンプルになりましたね。
このユニフォームを着れることを誇りに思って日本のために頑張ってほしいですね(・∀・)



[ 2008/12/15 18:19 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

今日、WBC代表候補45人発表!巨人勢から内海、山口、亀井 

北京五輪から世代交代!若侍、原JAPANに集う…15日WBC代表候補45人発表
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081215-OHT1T00028.htm

 来年3月に行われる野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表候補45選手に、20代の“新人選手”が大量選出されていることが14日、分かった。
15日に発表される45選手には、巨人から内海山口亀井、日本一に輝いた西武から片岡らがメンバー入りした。最終的には28人まで絞り込まれるが、侍ジャパンは、北京五輪のときよりも大幅に若返った陣容で世界の舞台に挑む。
 新顔が続々と加わる。巨人からは、内海山口亀井の初選出が確実だ。
内海は3年連続2ケタ勝利をマーク。来季年俸も1億2000万円と大台を突破し、チームの左のエースとして存在感が高まっている。
セ・リーグ新人王に輝いた山口は、速球とスライダーを生かした左のワンポイントとしての起用が考えられる。
自己最多96試合に出場した亀井は強肩の守備力、俊足などが買われた。
 巨人からだけではない。若手の活躍で日本一をつかんだ西武からも、日本シリーズMVPの、パ・リーグ盗塁王の片岡らが選ばれた。既に北京五輪でも主力として戦っている涌井中島ら若獅子が顔をそろえる。また打率3割7分8厘でセ・リーグの首位打者に輝いた内川(横)もメンバー入りする予定だ。
 原監督は既に選んだ45人に対し手紙を送った。また第1ラウンドのライバルとなる韓国、台湾両チームの情報収集も進めている。大一番まであと2か月半。世界一連覇を目指す侍ジャパンは、着々と準備を進めている。



亀井が候補にあったとは意外すぎる・・・
まあ最終選考では選ばれないとは思うけどもしも選ばれたらすごいことだなw
選ばれたらイチローとかの超大物スター選手と一緒にプレーすることになるし、すごい勉強になるだろうね、これからの野球人生を考えても。
でも山口を連れて行くのはやめてほしいな、もちろん連れて行かれるのは光栄だけど、今シーズンでさえ疲労困憊なのにオフも短いままだったら肩がもたないよ・・・
まあ選ばれたら応援するだけだけど。どこぞの故障や明確な理由もないのに辞退するどっかのチームと一緒になりたくないからね。
選ばれるからには頑張ってほしいっすね^^


[ 2008/12/15 07:52 ] 2009年WBC 原JAPAN | TB(0) | CM(0)

巨人 山口鉄也 特集 

今年の第2のMVPはこの人と言っていいでしょう。
そうです、山口鉄也投手です。
ご存知のとおり育成選手ドラフトから育成選手として入団し、支配下選手登録され上がってきた選手です。

高校時代は横浜商業高校のエースとして活躍し、高校卒業後アリゾナ・ダイヤモンドバックスのスカウトから誘いを受けマイナー契約を結び、ルーキーリーグで4年間プレーしました。しかし結果はあんまり伴わずにこのままルーキーリーグで野球人生を終えるなら小さい頃から憧れていた日本のプロ野球に挑戦しようと日本へ帰国し、2005年の10月に横浜ベイスターズと楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けるがどっちも不合格になった。
しかし最後に受けた読売ジャイアンツの入団テストで見事合格し、育成選手ドラフトでの指名を経て、育成選手として晴れて巨人に入団しました。
このときの背番号は102

入団した頃の山口鉄也選手です(・∀・)
山口鉄也 入団

2006年は2軍戦に25試合登板し好成績を収め、2007年も2軍戦に5試合に登板し、無失点と好投を続け、4月23日に支配下選手登録の契約をしました。
このとき背番号は99に変更されました。
4月26日に1軍へ昇格し、4月29日に1軍初登板し1回無失点に抑え、巨人における育成選手として初の1軍公式戦出場選手となった。5月9日、阪神戦(甲子園)に4番手の中継ぎとして登板、9回に巨人が逆転し初勝利。育成選手枠出身の選手で初の勝利投手になりました。

山口鉄也選手の初勝利のときの様子です。
山口鉄也 初勝利

その後も左の中継ぎというポジションを担い2007年の優勝に貢献しました。
そして背番号も47に変更。
2008年もシーズン序盤から先発陣が苦戦する中、西村健太朗・越智大祐とともに中継ぎの柱としてチームを支え、首脳陣からの信頼を得る。また、山口が登板するとチームが勝ち越し・逆転する機会が多く、9月13日にはシーズン10勝を達成。特に優勝のかかった大事な試合での登板する機会が増え、最終的にシーズン通算で67登板・11勝を挙げ、優勝を左右する首位との直接対決の阪神戦にも数多く登板し、メークレジェンドとなるリーグ連覇に大きく貢献した。この活躍により、新人王を獲得。

山口鉄也 ①

いやー、すごいですね。今シーズンは彼がいなかったら優勝できませんでしたし、どの選手もそうだけど今年の優勝はみんなが主役ですね。誰欠かしても優勝できませんでしたからね。その中で多く活躍したのが山口鉄也選手ですからね。
中でも印象的な試合は10月8日の阪神戦ですね、この試合で事実上の優勝が決まるという大決戦です。1点リードの6回に2死満塁で先発の内海に変わり山口が桧山をセカンドゴロに打ち取ったときですね、すごかったです。その試合は2イニングをほぼ完璧に抑え勝利に大きく貢献しましたね。ホントにすごかったです。
しかし育成選手として入団してここまで来るのはすごいですねw新人王まで獲っちゃうんですからね。
ホントにドラマみたいな感じです。

山口鉄也 ②

その山口鉄也選手のドキュメントがTBSのバースデイという番組でありました。
YouTubeからです。
【特集】 巨人・山口鉄也 【巨人の救世主に密着】 1/3


【特集】 巨人・山口鉄也 【巨人の救世主に密着】 2/3


【特集】 巨人・山口鉄也 【巨人の救世主に密着】 3/3



すごいサクセスストーリーですね、背番号も102→99→47とどんどん若返ってくる。
今や育成選手のスター的存在ですね。
くれぐれも故障などしないでくだいね!

山口鉄也 ③



[ 2008/12/14 22:45 ] ジャイアンツ特集 | TB(0) | CM(1)

2011年から巨人沖縄で第2のキャンプ地へ 

巨人11年から沖縄で第2キャンプ…実戦増へ宮崎→那覇
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081212-OHT1T00055.htm

 巨人は2011年春季から、従来の宮崎市に加えて、沖縄・那覇市の奥武山(おうのやま)総合運動公園を第2キャンプ地として使用すると11日、発表した。実戦が増える2月中旬からチームの一部が、温暖な土地で最終調整に励む。
 メーン球場となる那覇市営奥武山野球場(仮称)は10年3月に完成予定。両翼100メートル、中堅122メートル、収容人員は3万人で、内野は黒土混合土、外野は天然芝になるという。球場脇には人工芝のドーム型室内練習場(57メートル×66メートル)も併設予定で、公園内には陸上競技場、武道館、6人が同時に投げられるブルペンやサブグラウンドも整備される。
 沖縄では巨人やソフトバンク、西武を除く9球団が春季キャンプを張っている。清武英利球団代表によれば、宮崎より気温が約10度高く温暖で、練習試合を増やすことができ、けがの防止につながる―などの利点がある。50年間使用してきた宮崎からの撤退は「ありえない」という。
 2月1日のキャンプインは、例年通り宮崎。2か所を移動する日程など詳細は未定で、清武代表は「これから監督と相談して決めようと思っています」と説明した。2つの施設を使い分け、戦力の底上げを図る。

その他の関連記事
巨人も参戦!2011年から沖縄キャンプ(サンスポ)


那覇市営奥武山野球場(仮称)

宮崎の人には寂しいことですけど、沖縄でやれるのはいいことですね^^
2011年はまだ先ですけどここでジャイアンツの選手がキャンプすると考えるとワクワクしますね。
沖縄は暖かいのでキャンプ地には最適だし、怪我防止にもなるしさらにキャンプが捗りそうですね。
もうほとんどの球団のキャンプ地が沖縄なので練習試合も多く組めそうですしね
ジャイアンツの黄金期を築きあげるには最適な環境になりそうです。

もちろん宮崎のファンも寂しくならないようにこれまでどおり宮崎でもキャンプをするらしいですから安心ですね(^^)/

しかし立派な球場ですねぇ、ここを本拠地にしたいぐらいですよw
んー、待ち遠しいですね、沖縄のジャイアンツファンも待ちきれないですよねw

沖縄行きたい(笑)



[ 2008/12/12 15:05 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(2)

谷、木村拓が契約更改、門倉自由契約 

谷は4000万円減、木村拓は2000万円増で更改
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081209-OHT1T00192.htm

 巨人の谷佳知外野手(35)は9日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4000万円減の年俸2億2000万円プラス出来高払いでサインした。
 谷は今季120試合で10本塁打、打率2割9分5厘だったが、右翼の守備位置で亀井と併用されるケースが多く「1年間レギュラーとしてプレーできなかったので、下がるのは仕方ない。来季はスタメンで今年以上に活躍できるようにしたい」と話した。
 チーム最多の26犠打を決め、リーグ優勝に貢献した木村拓也内野手(36)は、2000万円増の8500万円で更改した。

その他の関連記事
巨人・谷、4000万円減の2億2000万円(サンスポ)


谷4000万も減俸か・・・まあ元が高いからしょうがないのかな^^;
今年はいろんな起用のされ方しましたが、ここ一番での勝負強さは凄かったですね。頼りになります。
キムタクは影のMVPだと僕は思います。彼がいなかったら優勝はなかっただろうからね。シーズン序盤主力選手の離脱が相次ぐ中、チームを引っ張ってた選手の一人です。
言い方悪いですがキムタクが3番に入るようなチーム状況の時もありました。それでその試合ホームラン打っちゃったのがすごいですw試合にも勝ちましたし。その試合も今シーズンのベストゲームの一つですね。
ホントにこの人の今年の活躍は凄いです。個人的にはもっとあげたいくらいですねw


門倉、自由契約に…FA入団も低迷、新天地求め
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081209-OHT1T00202.htm

 巨人は9日、門倉健投手(35)を自由契約にすると発表した。
 門倉は昨年、FAで横浜から巨人に入団したが2年間で1勝7敗と低迷。今季は2年契約の2年目だった。
 球団によると、10度以上の交渉を重ねたが、門倉がより多くの登板機会を求め、その希望に沿う形で自由契約という形をとった。今後については白紙だが、現役続行を望む門倉は「1か月間考えてきた。国内、国外を問わず(移籍に向けて)いろいろな話を聞いてみたい」と話した。
 清武英利球団代表は「新天地を求めたいと相談され、11月8日以降交渉してきた。何度も話した結果、苦渋の決断になった」と経緯を説明した。

その他の関連記事
巨人・門倉が自由契約 現役続行を希望(サンスポ)


なんか笑ってしまったw
勝手にしろよって感じです。FAで工藤(現・横浜)を出してまで獲ったのに2年間で1勝って・・・失笑です。
大幅減俸は当たり前。なに調子に乗ってるんだが。

本当にいろんな意味で巨人キラー(笑)な人でした・・・



[ 2008/12/09 20:14 ] ジャイアンツの動き | TB(0) | CM(0)

東野峻 特集 

今年の優勝はこの選手も大きく貢献しましたね。
東野峻投手です。「ひがしの」じゃないよ「とうの」ですw
今季は28試合に登板し、プロ初勝利を含む20敗、防御率2.83とブレークしました。
彼は2004年にドラフト7巡目で指名され、素材型として期待されてた選手です。
2005年、2006年は故障などもあり2軍でも打ち込まれることが多かったですが、2007年は2軍のセットアッパーとして好成績を残しました。
今シーズンは開幕2軍で迎えるも、シーズン途中から1軍で中継ぎとして実績を積みましたね。

優勝に大きく貢献したのはここからです。
この2試合がすごく大きかったですね。
巨人は首位から13ゲームも離されてましたが驚異的な追い上げで、9月11日から9月16日まで6連勝中、その大事な9月17日の横浜戦にプロ入り初の先発を任され6回を投げ2安打7奪三振2失点でプロ入り初勝利を達成し、そこから巨人も当時の首位阪神を3タテするなどして連勝を伸ばし9月24日の広島戦も先発登板を任され、9回を投げ6安打9奪三振2失点でプロ初完投を記録し、チームの12連勝に大きく貢献した。
連勝は12連勝で途切れてしまいましたが、この12勝中の2勝は東野の活躍のおかげですね。
この12連勝があったから当時の首位阪神を猛追し追い越し、結果的に奇跡の大逆転優勝を成し遂げることが出来たわけですからね。

その東野選手も来年か背番号93から17へ変更になりました。
背番号17の似合う選手になってほしいですね

9月17日 対横浜の試合の詳細はこちら↓
http://www.giants.jp/G/result/200809171index.html
9月24日 対広島の試合の詳細はこちら↓
http://www.giants.jp/G/result/200809241index.html

それと動画で見たほうが分かりやすいと思うので貼っておきました(・∀・)
YouTubeからです。
9月17日 対横浜 22回戦 in 横浜スタジアム


9月24日 対広島 23回戦 in 広島市民球場



最近の様子
東野V旅行中も無休で自主トレ!
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081206-OHT1T00015.htm

 巨人・東野峻投手(22)が5日、16日からのハワイ優勝旅行中に自主トレを行う計画を明かした。12月中は野球教室や番組収録などで多忙を極めており、「優勝旅行中は向こう(ハワイ)で走ろうと思います」と決意した。
 体がうずいた。4日は大阪で「プロ野球オールスター スポーツフェスティバル」に出場。この日は朝一番の新幹線に乗ってG球場に姿を見せた。「イベントが多いので、暇を見つけて動かないといけませんから」キャッチボール、ランニングなどで汗を流した右腕は、V旅行中も体を動かす覚悟を決めた。


ゆっくり休んでもらたいと思ってたがすごいですね、やっぱりプロですね^^
来年マジで頑張ってほしいです。応援してます。



[ 2008/12/07 05:41 ] ジャイアンツ特集 | TB(0) | CM(0)

ホンダ・長野、ロッテ入団拒否 ホンダ残留表明へ 

長野、入団再要請も拒否…ホンダ残留表明へ
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/ama/news/20081204-OHT1T00295.htm

 ロッテからドラフト2位で指名を受けたホンダの長野久義外野手は4日、ロッテの山下徳人スカウトから再度、入団要請を受けたが、あらためて拒否する意向を伝えた。ロッテの要望で5日にも交渉することになったが、長野は同日、ホンダ残留を正式に表明する。
 巨人入りを希望する長野は既にロッテに入団拒否を伝えている。ホンダの安藤強監督は「意思は変わらない。ロッテが“もう1日考えてくれ”ということだったので。残留を本人から伝えると思う」と話した。(スポーツ報知)


ホンダ・長野、日本ハムに続きロッテも入団拒否
http://img.sanspo.com/baseball/news/081203/gsi0812032013001-n1.htm

 プロ野球ロッテからドラフト2位指名されたホンダの長野久義外野手(23)が入団を拒否する意向を既に球団に伝えていたことが3日、分かった。近日中に式発表する。
 ロッテの瀬戸山隆三球団社長は「連絡を受けた。引き続き入団に向けて根気強く交渉していきたい。長野君のことを思えば、今回プロ入りするのが正しい選択だと思う」と話した。
 長野は日大時代の2年前に大学生・社会人ドラフト4巡目で日本ハムに指名された。だが、巨人入りを熱望して入団を断り、ホンダに入社した。
 今回、ロッテは交渉権確定後にバレンタイン監督自らがドラフト会場から埼玉・狭山にあるホンダ合宿所に直行。指名あいさつを行ったが、長野は姿を見せなかった。その後、ロッテ側は契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円の最高条件を提示していた。ホンダが新チームをスタートさせる8日までに長野は結論を出す予定だった。(サンスポ)



すげぇ・・・泣ける・・・
絶対絶対来年巨人に入ってくれ!



[ 2008/12/05 03:26 ] プロ野球全般 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。